ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20070602012908.jpg

最近、ウッドベースの基本が書いたサイトや本で、左手の親指の位置は中指と同じ所というのを見ました。
僕が普段弾いているときは、人差し指とあまり変わらないポジションに親指があります。
この写真よりも、実際にはもうちょっと人差し指に近い気がします。

この情報を見てから、中指側に親指を移動してみようと試してみたのですが、力が入らなく無いですか?
親指を中指側に動かして、無理に弦を押さえようとすると、親指の付け根部分に嫌な痛みを感じます。
明らかに関節に無理がかかっている感じです。

気になったので、先日のよしみ先生のレッスンで尋ねてみました。
するとよしみ先生も、親指は人差し指と中指の間くらいで弾いているとのことでした。

実際、親指位置を中指と同じあたりにすると、親指付け根部分の筋肉がかなり収縮した状態になります。
割合だと、90%前後の収縮率ではないでしょうか。
筋収縮によるエネルギーを生み出すには、ここまで筋肉が収縮した状態では厳しいと思うので、生理学的にこのポジションは厳しいように思います。



僕の場合、ウッドベース初心者なので、疑問に思いつつもマニュアルに従って親指位置を矯正することも考えました。
ところが、よしみ先生も違っていたので安心して今のポジションを続けてみます。



それにしても、左手の弦を押さえる力不足がなかなか補えないですね。
現状に何か能力をプラス出来るとしたら、リズム感やセンスよりも、今は左手の握力がほしいです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/279-a77c74a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。