ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20070707165409.jpg

土曜日ですが、無事(?)セッションに参加させていただくことが出来ました。
お世話になったのは高田馬場にあるIntoroさんです。

Intro⇒



初心者は早めの時間が良いのではないかという感じがしたので、オープン10分前にお店に到着してみました。
すると、まだお店が開いていません。(当然ですが・・・)

17:00丁度にお店の人が来たので、初心者である旨を伝え、参加させていただいても問題無いものかどうかを尋ねてみました。
すると「問題無いです」との回答です。



が、しかし・・・



お店に入って開始を待つのですが、なんだかめちゃめちゃ怖い雰囲気です。
マスターらしき方は、スキンヘッドのコワモテです。
しかも、お店の準備をしている間は笑顔が一切ありません。



「粗相でもしようものなら、埋められちゃいそうだなぁ・・・」



などと考えながらセッション開始を待っていました。
(ごめんなさい・・・)



IntroさんのHPに記載されている、マスターのエッセイを読んでみると、すごく男気あふれる男臭い感じの方のようです。
文面からもそういった雰囲気がすごく伝わってきますよね。

枯葉を一緒に演奏していただいた(マスターはドラマーさん)のですが、もちろんそんなに怖い人ではありませんでした。
緊張しながらの演奏ではありましたが、快く一緒に演奏していただくことができました。



ちなみに、今回も3曲弾かせていただいたのですが、そのうち2曲で迷子になりました・・・
この進歩の無さに本当がっかりです。

とにかく頭の中に雑念が入ると、ベースラインが消えてしまうんです。
それは判っていたので、フロント楽器のメロディに集中して、リズムに乗れるよう意識して演奏していました。



ところが、なかなか最後までは集中を継続させてもらえません。



まず一回目の迷子ですが、高い音(指板の下の方)に左手を移動した瞬間、左手の肘がピアノの蓋の部分にぶつかったんです。
この瞬間に頭からベースラインが消えました・・・
我ながら、この余裕の無さには悲しくなりますね。

2回目の迷子は、サックスのソロからギターのソロに移った時におきました。
サックスの音に比べて、ギターの音がだいぶ小さく感じたんです。
僕のベースの音は大きめだと思うので、

「ギターに合わせて、音を小さめに弾いた方が良いかも」

と考えたんです。
この瞬間にまたしても頭からベースラインが消えました。
一丁前な事を考えるほど、まだまだ一丁前では無かったようです。



こんなつたない演奏をしているにも関わらず、一緒に演奏してくださった皆さん(迷子になった2回とも、お店の方がサックスで一緒に演奏しながらフォローしてくださいました。)、更にはそれを聞いていた皆さんともに、温かく接してくださいました。
演奏後には皆さんからいろいろなアドバイスまでいただき、本当にありがたい限りです。

最初の怖いイメージ(本当ごめんなさい)とは異なり、今回は本当に温かいセッションでした。
お店の方、更に参加されていた皆さん、本当にどうもありがとうございました。

相変わらずのボロボロ演奏に、傷ついて帰ってくる事とはなりましたが、またしても本当に良い経験ができました。
経験をいかせるよう、また本日から練習に励みたいと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/306-4c04dde4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。