ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20070905154708.jpg

時間切れ間近になっていた宿題ですが、ようやく目処が立ちました。
ベースラインは完成したので、後はよしみ先生のチェック用に清書して完成です。

今回の枯葉のベースライン作りでは、テーマ部分をかなり遊んでみました。
これまで使ったことの無い早いフレーズや、高い音を積極的に取り入れて作っています。



途中で、

G線の開放弦のソ

D線の高いレ(開放弦で無いレ)

G線の高いソ(開放弦で無いソ)

といった運指になる部分があるのですが、D線の高いレやG線の高いソなんてこれまで押さえたことがありません。

指板を見ずに、とっさにD線の高いレを押さえようとすると、空振りして押さえられないことがあります。
そこで、D線の高いレに関して、まずは指板を見ながら押さえてみようと思いました。



ところが、これにもまた問題が出てきました。



直前に開放弦のソを鳴らしているのため、G線が振動しています。
弦を弾いて、弦が揺れている時って、弦が2本に見えませんか?

この状態でとっさにD線の高いレの音を押さえようとすると、振動して2本に見えているG線の内側を押さえてしまうんですよね。

結局、指板は見ずに、左手の親指を使った感覚で、位置を覚えてしまうのが一番間違いなさそうです。



いろいろと難しいですが、これまで押さえたことの無い高い音を練習しているのは、ちょっとだけ進歩した気がして、ちょっと嬉しいです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/348-5fc1c093
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。