ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20070921154948.jpg

久しぶりに耳コピーに取り組みました。
こう書くと非常に前向きに見えますが、実はこれ、宿題なんです。

来週、よしみ先生のレッスンを予定しています。
今回の宿題は、Cannonball Adderleyという人の枯葉の演奏に出てくるベースラインの耳コピーです。



以前から書いている通り、耳コピーは本当に苦手です。
苦手なせいか、なかなかやる気も出ないんです。
とはいえ、レッスンも近づいてきたので手をつけることにしました。



ところが、今回宿題で出された、Cannonball Adderleyという人の後ろで流れているベースラインは、思ったよりも聞き取れます。
何が聞き取りやすいかというと、音がめちゃめちゃシンプルなんです。
ほとんどの部分が1度、3度、5度の音だけで構成されているのではないでしょうか。

これ以外の音が出てくると、もちろんなかなか聞き取れずに苦戦しています。
だけど、ほとんどが1度、3度、5度になってくれているので、耳で聞いてわからなくても、適当に1度、3度、5度の音を当ててみると、結果的にコピー出来るといった感じですね。



ノートとステレオのリモコンを前に置いて、ウッドベースで音を出しながら作業を進めてました。
だけど、やっぱり耳コピーよりも、繰り返し弾いている方が楽しいですね。



耳コピー嫌いと、理論の勉強嫌い、なんとかならないものですかね・・・
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/360-c9c2027c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。