ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20071012234953.jpg

昨晩も公園練習に出かけてました。
西新宿の夜景が間近に見れて綺麗です。
愛犬が元気だった頃は、散歩がてらに、夜の都庁を眺めながらよくビールを飲んでたんですよね。



明日のリズム教室でお世話になるつねさんにベースラインをチェックしてもらう為、oye como va音源に合わせて弾いたベースラインを録音して送ってみました。



結果、主に修正点は2箇所ありました。



一つ目は、「音をはずさない」です。

そうなんですよね・・・
ハーフポジションから、G線のミの音にポジション移動していたのですが、これがやっぱり狂ってしまうんですよね。
なかなか難しいですが、明日は細心の注意を払って気をつけてみます。



それともう一つの修正点は、曲中の指定された小節の1拍目を、「スライドダウンでドゥ?ンといった感じに」というものでした。



スライドダウン



はじめて耳にする言葉だったので、早速ネットで調べてみたところ、Hidehiko Ohashi's Web Siteさんに記載されていました。
以下Hidehiko Ohashi's Web Siteさんからの抜粋です。



・スライド slide (英)
グリッサンド glissando (仏) と同義語。
弦楽器においてピッキングした音を、フレットを押さえたまま指、あるいはバー等を移動させてピッチを変えることで、高い音へスライドさせることをスライド・アップ、低い音へスライドさせることをスライド・ダウンという。



そういえばよしみ先生も、お手本で演奏を見せてくれる際に時々やってました。

というわけで、早速本日練習してみたのですが、こればっかり繰り返していると、指紋が無くなりそうですよね。
本当にやばいと思い、途中から左手の押さえる指を交換するようにしました。

人差し指→中指→薬指

ウッドベースの練習を始めた頃と比べて、左手の指先もかなり強くなってきたとは思っていました。
しかし、このスライドダウン繰り返し練習に耐えるには、更なる強化が必要みたいですね。



明日はいよいよリズム教室です。
途中何度も間違えそうな感じ(確実?!)ではありますが、頑張ってきます。



参考にさせていただいた、Hidehiko Ohashi's Web Site様、どうもありがとうございました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/376-6d338cac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。