ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080215000616.jpg

指先がガサガサになってきました。
弦に触れる部分が、なんだか荒れていて、見た目も汚いです。
服や布団にひっかかるのも嫌ですね。
ここ数日、寝る前にmichiさんのハンドクリームをつけていなかったために悪化したようです。

ハンドクリームって、どうしてもヌルヌルした感じになるのが嫌なんですよね。
ちなみに僕は、体を洗うのも、ボディソープよりも石鹸が好きです。
表面の油が根こそぎ奪われて、キュッキュッとなる感じが良いんですよね。





最近は、左手が以前ほど辛くなくなってきたような気がします。
200以上の早いテンポで練習をしていないせいもあるかもしれませんが、それでも以前ほど無理して握らなくて済んでいるように思います。
(とはいえ、まだ辛さは残っていますが・・・)

ほんの少しだけ左手の力が増して、ほんの少しだけ無駄な力を使わずに握れるようになってきたのかもしれないですね。
左手親指付け根部分は、見た目にはそれほど筋肥大がおきていないので、極端にパワーアップしたわけでは無さそうです。
それでも何かしら進化はしているようなので、ちょっと安心です。

ウッドベースを始めた頃は、肉体的な苦痛が非常に多かったですからね。
こうして少しづつ辛さから開放されていくのがありがたいです。
コメント
この記事へのコメント
左手の押弦
左手の押さえ方ですが、なるべく親指に負荷がかからない様にしませう。腕の重みを利用し、それを指板に乗せる感じで(なるべく脱力/リラックスして)押弦します。この時に親指無しでも押弦できる様にしませう。次に、これにより親指は強く握るのでは無くネックに軽く添える感じになります。又親指の位置は各指に対向する位置(人差し指~中指の辺り)にしませう。中域以上のポジション取りに支障をきたす恐れがあります。詳しくは師匠さんにお尋ね下さい。
老婆心ながらお役に立てれば幸いです
2008/02/23(土) 07:08:09 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
モリ@ベース様

「腕の重み」や「楽器の重み」を利用するといったアドバイスをこれまでもいただいたことがあったのですが、今ひとつ理解できていないんです。
ウッドベースを支えているのが、エンドピンと腰骨のあたりの2点ですよね。
すると楽器自体は、腰骨方向の斜め後ろ側には多少固定されていても、楽器の真後ろ側には固定されていないので、ネック部分で弦から指板方向に対して力が加えられると楽器が傾くだけで重みを加えられないんですよね。
ただこの点に関しては、ウッドベースを弾いていらっしゃる大勢の方からアドバイスしてもらっている点なので、今後も考えてみたいと思っています。
それと、左手親指位置についても先生から指摘をされます。
写真はウッドベースをスタンドに乗せたまま無理な姿勢で写真をとったので、手も無理な形になっているのですが、急激なポジション移動をした際に親指位置がこのような状態になってしまっているそうです。
ファーストポジションあたりでのんびり弾いている時には、親指がちょうど人差し指と中指の間あたりにあります。
ところが、指板の上から下へ移動した時に親指位置が写真のように上がってしまうみたいなんですよね。
そういえば最近意識していなかったので、改めて注意したいと思います。
どうもありがとうございました。
2008/02/29(金) 10:46:53 | URL | ナントハウス家主 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/465-57fc6581
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。