ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080223144500.jpg

本日はmichiさんとクラッシックのコンサートに出かけてきました。
感想ですが、やっぱり音楽はお酒を飲みながらゆったりと聞きたいと思いました。
(もちろん演奏は素敵です。)

30歳を過ぎてから、自ら進んでクラッシックを聴く機会も増えてきて、クラッシックも好きになってきたように思います。
ジャンルを問わず「好きな曲」と言われたら、ラフマニノフのピアノ協奏曲と答えるかもしれないです。
ただクラッシックコンサートの、なんだか窮屈な感じはどうも苦手だなぁと改めて思ってしまいsました。
「コンサートホール」よりも、「ライブハウス」の方が好きみたいです。



クラッシックのコンサートから帰ってきてからは、一休みした後に、michiさんと自宅で一緒に飲んでいました。

BGMの最初は、日本人のインディーズバンドの人。(名前は忘れました。)
その次に、マイルス・デービス。
その後何故か、デビット・ボウイ。
その後はウィントン・ケリー。

なんともごちゃ混ぜで、何でも有りな選曲です。
ウッドベースを始めてからは、ジャズを聴く機会が大幅に増えていますが、特にジャズに限らず、音楽を聴きながらのお酒の時間はいいですね。



ウッドベースを始めてもう時期2年になりますが、なんだか音楽の楽しみ方の幅も広かってきたように思います。
最近、自宅近くのロッテリアで書類を作っていることが結構あるのですが、ここのBGMもジャズなんですよね。

ここの所、練習でポール・チェンバースのベースラインやベースソロを練習しています。

そのせいか、お店で流れているBGMのベースのフレーズが、明らかにポール・チェンバースのフレーズだろうと感じることがあったりするようになりました。
こういう所に気づくようになってきたのも、なんだか嬉しかったりしますね。



ウッドベースを続けていて、飽きる事なく、ますます楽しみを増やせているのは、きっと幸せですね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/468-a65c1c0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。