ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080301182047.jpg

高円寺のJIROKICHIというライブハウスヘコジカナツルのライブを見に出かけてきました。
(立ち見もたくさん出て、なんだか大盛況のライブでした。)

ウッドベースの金澤さんを見に出かけたのですが、ライブ自体かなり素敵でしたね。
一緒に出かけたmichiさんもかなり気に入ってくれたようです。

今回は、金澤さんの指先までしっかり見える距離で演奏を聴くことができました。
耳に聴こえる音はもちろん物凄く素敵なんですが、目に入ってくる演奏も衝撃でした。
やはりあの野太いしっかりした音は、目で見ても凄かったです。



僕は普段ウッドベースを弾いていて、まだまだ弦が硬く感じます。
更に、右手ではじこうと思った弦がはじききれずに音が出なかったり、ちょっと油断すると左手の押さえ方が甘くてビビッた音になってしまったり等々、いろいろな部分で簡単に楽器に負けてしまっているように思います。

ところが今日見た、金澤さんがウッドベースを演奏している姿は、まるで膝の上に乗せた子犬でも扱うかのように見えました。
膝の上で、たまに子犬がいたずらをしようとしても、片手で簡単にヒョイッと持ち上げて止めさせてしまえるような、そんな感じですね。
とにかく完全にウッドベースを手なずけてしまっています。

音を張っている時は、右手の動作も決して小さくないのですが、なんだか軽いんですよね。
それでいて物凄いスピードで手が動いています。
こんな時の弦は、ひきちぎれないのが不思議なくらいにしなりまくってました。
ハイポジションで演奏している時にも、「ウッドベースの弦って、そんなに柔らかかったっけ?!」と思ってしまうほど、はじいた弦がブンブン振動しています。



やっぱりライブはいいですね。
音も、その場の空気も素敵ですが、目でも刺激を受けて帰ってくることができました。
また次の機会にも是非出かけてみたいと思います。
コメント
この記事へのコメント
金澤サンとは数回お会いし、あるイベントでは横でも弾かせて頂き楽器も触らして頂きました。(^0^)/
楽器(確か、若い時に買った新作(二~三十年前)のドイツ製?)は弾きやすく調整され、大事に弾き込まれて非常に良く鳴るベースでした。
音に非常に勢いがある野太い、男の強さと優しさ色気を兼ね備えた存在感の強いベース。生音もデカイ!流石!日野サンのベースと言う印象です。
奏法的にはベテランのベースマスターらしく力みや無理なところが全くないリラックスしたところからくる瞬発力や即応力が素晴らしいです。

2008/03/02(日) 16:54:39 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
あの~、弦が硬く感じる原因はいくつか有ります。(^_^;)コントラバスは厄介な楽器でエレキベースの様に楽器屋サン~買った状態のママ使えると思っていてはダメ、というか楽器屋にある物でそのまま、実戦使用出来る物はほぼ無いと思って下さい。(^_^;)
通常、弦楽器屋では売り渡す直前にお客さんに合わせて改めて楽器としての細かい初期調整(有料(普及~初級品)又は無料)をしてから引き渡しとなります。(調整以前は楽器の形をした商品)特に、通販物はこの調整は期待出来なのでオススメできません。
また、些細な事でも直ぐに狂って/故障して仕舞うので常日頃のメンテナンスと調整、行きつけの主治医(楽器屋サン)が重要かつ必要です。

>楽器の調整が狂っている→弦楽器屋サン(弦楽器リペア職人サン)に調整修理して貰う。主に駒、魂柱の関連。
>弦が古くなっている(1~2年以上)→新しい弦に張り替(ジャズ系ピチカート向きの弦)例スピロコア(大定番)、ヘリコア(反応早い)、オブリガード(フェイクGut)、ジャザー等お好みで

>最近のブームで楽器のエンドピンを違う材質の物に交換。普通は鉄製ですが違う材質にするとあら不思議、反応やサウンド、鳴り方までが変わります。(マイベースには真鍮にカーボン圧入したハイブリッドを昨年末~使用) 詳しくは分かりませんが楽器全体の振動係数に変化を及ぼす為の様です。←楽器の調整が合っているのが前提です。(^_^;)
2008/03/02(日) 18:12:47 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
モリ@ベース様
金澤さんは、知人に教えていただき昨年始めてライブに出かけたのですが、それ以来大好きになりました。
ウォーキングはもちろん、歌伴もソロもあれくらい演奏できたら、今の何十倍も楽しくなるだろうなぁと思ってしまいます。

ところで弦が硬く感じる件ですが、自分の楽器に限らず、基本的に硬くくて扱いにくくて、辛い楽器に感じてしまっています。
弦高が極端に低いウッドベースを弾かせてもらった際には、それほどでもありませんでしたが、お世話になっている先生の楽器も含めて硬く感じてしまうのは、やっぱりまだまだ僕の技術や体が追いついていないみたいです。

これから少しづず、楽器や弦についての感覚というものも磨いていきたいですね。
本当に安い楽器を買ってはじめたので、あと何年か勉強して違いがもっとわかるようになったら、改めて自分にあった(好きな)楽器を探してみたいと思います。

それにしても、エンドピンが変えるだけで、そんなにもいろいろ変わってしまうなんて不思議ですね。
ちょっと体験してみたいと思っちゃいました。
2008/03/14(金) 21:53:43 | URL | ナントハウス家主 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/474-57c12507
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。