ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080313234149.jpg

写真のネタが無くて手にとったmichiさんの楽譜です。
開くとあまりにも音符だらけで、知恵熱が出そうになりました。



本日はちょっと、練習と関係無いお話です。
↓のニュースって、もう見ましたでしょうか??

asahi.comさんのニュース⇒
(イラストは流石に大きすぎるように思いますが・・・)

自分の分を含めて、5人分の料金がかかるってことですよね。
それこそ現地で買った方が安いといったことになりかねないですね。



以前自転車に乗っていた頃、本体はハードケースに入れて貨物室へ預け、レース用の車輪だけ機内に持ち込むといったことをしていました。
たしかに手荷物チェックの際に面倒くさかったように思います。
それでもこれでお金を取られたことはありませんでした。
(ハワイの航空会社で、貨物室に預けた自転車の分を、別料金で1万円くらい取られたことはあります。)

冷静に考えると航空会社さんの主張はもっともだと思いますが、現実問題として通常の5倍の旅費がかかってしまうのでは厳しいですね。
しかも、行きは融通がきいたので出かけたけど、帰りは融通をきかせてもらえなくて帰れないなんてことになりかねないですもんね。



頻繁に海外へ楽器を持って出かけている人達ってどうしているんでしょう??
つくづく大変な楽器だと改めて思いました。
コメント
この記事へのコメント
最近は無くなりましたが、関西エリアの初期のJRでは実際、入口スルーで出口で手荷物料金を請求されたり、どちらもスルーOKだったり、駅員によって対応がまちまちで、チョトしたスリル?もありました。
海外~のLiveツアーの場合、多くは現地でコントラバス/ウッドベースをレンタル調達が現実的かつ多いと思います。
よく演奏活動に行く国、地域だとマイベースを預け置きする方々も散見されます。例えば、レイブラウン氏は世界中に置き楽器をしていた様です。日本にもあり。現在はエージェント~業界関係者(東京)の管理になっています。後、昔使っていた楽器が関西のプロ(お弟子サン)が使用中。
2008/03/14(金) 15:07:15 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
国内ツアーによく出られるある方は、よく楽器を現地で調達、レンタルなさるのですが。その方いわく、楽器にはこだわらないそうです(実際は文句ばっかりも言ってられないのでこだわれない?(^_^;))どんな楽器でも自分が対応出来る様にしておく!そうですw(゚o゚)w
2008/03/14(金) 15:27:59 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
ベートーベン
ベートーベンはコントラバスに革命?を興した作曲の端緒でしょう。当時、コントラバスの名手名人と言われたドラゴネッテッィー氏と親交が篤く、その影響~か彼の交響曲のコントラバスパートはそれまでの比較的簡単なものから、もう一つのチェロパートの様に激変し、至る所に超絶技巧がちりばめられています!運命で有名な第五交響曲以降から顕著で~超有名な第九交響曲『合唱付き』に至ってはプロでもまともには弾ける人は極小数では(ごまかし上手が多い)
今ではドラゴネッテッィーを恨んでいり方々が多いとか?
ちなみに、ドラゴネッテッィーが所有した1611年製アマティ-(値段は付けられていない。出ると一億以上?)は現在はゲイリーカー氏が所有(前所有者(20世紀が生んだ名人で名指揮者のクーゼツスキー、婦人)から永久貸与)しています。どちらも音源あり。ゲイリーカー氏は二十歳でドボルザークのチェロ協奏曲をコントラバスで完奏。以降レコーディング多数あり。是非一度体験して下さい。ベースの世界感が変わります。
また、ドラゴネッテッィーの刻印が入ったマジーニ製コントラバスは現在は数千万以上(4千万以上)のヴィンテージオールドです。
2008/03/14(金) 16:53:03 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
やっぱり現地調達ですか。
突然違う楽器を弾くとなると大変そではありますが、輸送のコストや手間を考えると、あまりにも条件が厳しいですもんね。
それにしても世界中に置きベースというのは、なんともかっこいい話ですね。
ちなみに、以前に僕も自転車を持ち歩くことが多かったころ、JRの出口や車内で突然請求というのは結構ありました。
あれって、なんだかあまり気分の良いものでは無いですよね。

ベートーベンにまつわる貴重なお話、どうもありがとうございました。
ウッドベース(コントラバス)って、ただでさえ図体ばかり大きくてひ弱な感じがします。
それがオールドになると更にボディが割れやすかったりすると聞きますが、これが数千万円もしたら、怖くて演奏どころでは無い気もしますね。

こんな楽器だから、上の料金の話ではありませんが、皆さん本当に気を使って大事にしなくてはならないんでしょうね。
年末恒例の第九の聞き方が少し変わりそうです。
2008/04/03(木) 12:01:35 | URL | ナントハウス家主 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/483-54fe25e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。