ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080324230649.jpg

先日の日記に書いた、G線の高いドです。
写真の指で指しているあたりですね。
弾いている時には、指板のかなり下の方を押さえている感じがしていたのですが、こうして写真で見ると、思っていた程指板の下では無いので、ちょっとがっかりしました。



この音ですが、先日の日記にも書いたように、まだまだ左手でピンポイントでこのポジションを押さえる事が出来ません。
更に本日気がついたのですが、これだけ指板の下の音になると、右手も難しくなりますね。

左手で弦を押さえる位置が、指板の下にいけばいく程、右手で弦をはじく部分の弦高が低くなりますよね。
写真の位置くらいになると、かなり弦高が低いベースを弾いている感じになります。

おかげで弦が思うように指にひっかからないので、小さな音しか出ない上に、音の出るタイミングも狂ってしまいます。
頭で思っているよりも早く、弦が右手の指先から逃げて離れてしまうんですよね。

弦高が低いベースを弾いている時には、全ての音で同じ感じなので、まだタイミングをあわせようとすることも出来ますが、指板の下を押さえた時だけ弦がひっからないのでは、尚更タイミングがあわせ難いです。



以前に金澤さんの演奏を見た時には、相当指板の下の方を押さえている時にも、びっくりする位に弦が振動していました。
どうやったらあんなにしっかりと弦をはじく事が出来るんですかね。
もちろんこれも技術なんでしょうけど、僕にはまったくイメージが出来ませんでした。



まだまだ検討もつかないくらい難しい事が、いくらでも出てきますね。
とはいえ、目の前の事を地道にクリアしていけるよう、頑張ってみます。
コメント
この記事へのコメント
高いポジションになるにつれて、ピッツィカートの位置を下げていきせう。
ピッツィカートの違和感は訓練と馴れでせう。
親指基本ポジションのCを押弦する場合の各指の配置は親指G(ハーモニクスでも可)、人差し指A又はBb、中指B、薬指C音
この時、親指は弦に直交、各指は緩やかな丸みを持ち指先で押さえ、かつ肘から薬指迄のラインが一直線の様な感じで押弦します。(手首や腕等がボディーに触れない様にしましょう。すると指板を底辺とした肩~肘~指先迄が二等辺三角形の様になると思います。)
2008/03/25(火) 11:30:21 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
>訓練と慣れ

了解いたしました。
それにしても、ボディに触れずにピンポイントで各音を押さえるとなると、ますます難しいですね。
指板上の、音と音の幅もかなり狭くなりますし、これで音をはずさないなんて、どんな感覚で弾いているのか想像も出来ないです。

自分でウッドベースをはじめる前は、漠然と人の演奏を聴いていましたが、こうして取り組んでみると物凄さを実感しますね。
2008/04/04(金) 13:44:46 | URL | ナントハウス家主 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/490-a7ac721e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。