ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080411102256.jpg

昨晩は日記の更新が出来なかったので、打ち合わせの待ち時間を使って更新です。
昨日、夜になって突然、猛烈にお腹の調子が悪くなったんですよね。

と、↑まで文章にしたら、またしても突然腹が痛くなってトイレにかけんできました。
まだコーラに耐えられるほど、お腹が復活していなかったようです。
この後の打ち合わせ、無事に乗り切れるのか心配です。



ところで先日の日記に、ハイポジションの練習で親指が痛いといったことを書きましたが、腰まで痛くなってきました。
昨日もG線上でCメジャースケールのドレミファソラシドを20分程練習していたのですが、かなり腰に負担がかかっています。

先日のレッスンで、親指Gポジションのフォームを教わってきました。
その際、「上体はやや前かがみで、尚且つ楽器に体重はかけない」とのアドバイスをいただきました。

これを実践しようとしているのですが、かなり腰に負担がかかってしまっているようです。
こうしたフォームって、きっと微妙な角度や立ち位置などでバランスが変わると思うので、まだどこかがおかしいんでしょうね。

繰り返し練習をしながら、最適なポジションを探っていきたいと思います。



それにしても、本当に体に悪そうな楽器ですね。
コメント
この記事へのコメント
体調不良との事、お見舞い申し上げます。ご自愛下さい。m(__)m いま流行りのもし、熱が有るようでしたらウィルス性胃腸炎か食あたりでは?私も先月始めノロ?をやってしまい、一週間弱、ひたすら点滴と静養(寝て)していました。

構え方、奏法はいろんな流派(ウィーン、ドイツ、イタリア、フランス他)が有り、また、指導者により異なるので、とりあえずは師匠の方法をマスターしてから自分自身の身体に会う様にアレンジが必要ならリホームをしませう。
僕の場合はいろいろとあって、現在の構えは何となくイタリア式に近い様です。お勧めはしませんがご紹介だけしておきます(^_^;)
(ネックポジションの時も基本的に楽器は少し寝かし気味です、)
*サムポジションの構え。
腰を《の様にお尻を『くの字』に後ろにだし、ネックを鎖骨(肩)で支え楽器を抱え込む感じで構えます。この時に頭の重心は足のかかととのラインで動きません(前屈みには成りません/横から見るとくの字状に)
*ネックポジションに戻る際は腰で楽器を押し出し、直立すればスムースに移行出来ます。
2008/04/11(金) 18:05:54 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
モリ様こそ1週間点滴とは大変でしたね・・・
一昨年の暮れに僕もノロで深夜に病院にかけこんだことがあったのですが、ノロってかなりきついですよね。
1ヶ月ほど経っているようですが、もう本調子に戻られましたでしょうか??
くれぐれもお大事にしてくださいね。

ところでフォームの件、いつもながらありがとうございました。
重心が前に移動してしまうのではなく、真下に下がる感じですかね。
早速この『くの字』フォームを本日から試してみたいと思います。
最初はまったく音程が合わなかったこのポジションですが、始めた当初と比べると、少しづつ正しい音程に近づいてはいるようです。
(まだ決して合ってはいませんが・・・)
先日アドバイスいただいたトライ&エラーの精神で頑張ってみます。
2008/04/12(土) 10:44:22 | URL | ナントハウス家主 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/502-f62ece2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。