ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080502231237.jpg

今まで、ベースラインを書く時には、↑写真の5線譜ノートを使っていました。
だけどノートだと、途中でページが飛んでしまったりすると整理出来ないのでどこに何があるかわからなくなってきます。

というわけで、先日渋谷のヤマハ楽器さんへ出かけた際に、バラバラの5線譜を買ってきました。
ガチャッと止めることが出来るやつです。
これを購入する時、どこに置いてあるかがわからなかったんです。
そこでお店の人に場所を尋ねたのですが、名前がわかりません。

「ガチャッと出来る5線譜ってどこにありますか?」

と尋ねたところ、

「あっ、ルーズリーフですね。」

ガチャッと出来るのは、ルーズリーフって言うんですね。
覚えておきます。



引き続き先日購入したWalking Jazz Lines for Bassに沿って練習を進めてみています。
今のところ、ベースラインをコードの根音に対する数字で書き出したものを、それを各キーに移調するといった練習です。

だけど今の僕は、まだ2度と4度と6度と7度のポジションがすぐに出てこないんです。
1度、3度、5度は結構練習したのである程度出てくるのですが、その他の音は、他の音から場所をたどるといった感じです。
特に6度は苦戦してしまいます。

この練習、つっかえつっかえなので、奏でる音も当然気持ちよくありません。
1時間ちょっとこの練習を続けていたのですが、流石に飽きてきますね。
とはいえ、全ての音のポジションが咄嗟に出てくるようになるまで、地道に続けるしかないですよね。



なかなかテキストを先に進んでいけないのがじれったいですが、地道に頑張ってみようと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/516-e5c7c0a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。