ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080617112557.jpg

写真は練習場所(?)です。
基本は立って練習ですが、疲れるとウッドベースを立てかけている椅子の肘掛部分に腰を下ろして弾いています。
ただ、これだとちょっと安定感が無いので、演奏用に椅子を探してみようかとも思っています。
(部屋に椅子が増えると邪魔なのが嫌なこともあり、しばらく検討予定です。)



先週の中盤以降、練習量が落ち気味です。
この週末も実家に帰省したため、あまり練習することが出来ませんでした。

参考までに、↓週末からの練習時間です。

14日土曜日/45分
15日日曜日/45分
16日月曜日/80分

本当は、昨日もうちょっと練習したかったんですけど、なかなか思うようにいかないですね。
さらに本日も、それほど時間を確保出来そうにありません。
明日はいくらか時間を取れそうなので、明日挽回したいと思います。



最近の練習では、スケール練習とソルフェージュをこなした後に、JameyのCDに合わせてフレーズ練習を行うというのがお決まりになってきています。
ところがこのフレーズ練習、結構繰り返し弾いていると思うのですが、なかなか体に染み込んでくれません。
ブルースなどで伴奏に合わせて弾こうとしても、最初から頭の中でフレーズを思い浮かべて、しっかり準備しておかなくてはまったくフレーズが出てこないんです。

まわりの音を聞きながらアドリブで音を出すなどといった技が身につくには、いったいどれだけ弾き込んだら良いんですかね・・・

と言っていても始まらないので、本日も繰り返しフレーズ練習を実施予定です。



アドリブでガンガン弾けたら、練習ももっと楽しくなりそうだけどなぁ・・・
コメント
この記事へのコメント
椅子
コントラバス専用のいわゆる『バス椅子』は結構な値段(4~5万円)で安定はよいが、重くかさ張るので、ホールや学校?等の備品以外にはオススメでは有りません。
カウンターバー用の挫面の高い椅子や、
ドラムのスツール(最高使用挫面高が70㎝以上のもの)、
ホームセンター等で売っている挫面の高い作業用折りたたみパイプ椅子。
ネット販売等で『弾き語り用椅子?』も有る様です。
この辺りかなぁ~?
探せば使い勝手のよいものが他にも有ると思います。>立奏と座奏では身体と楽器の位置関係が変化するのでポジション感覚等の奏法上注意と慣れが必要です(^_^;)
座面が高くして立奏に近い程違和感は少なめでせう。
最近は出番が無いですが、自分はドラム用の椅子(Pearl製、最高座面90㎝!)と作業用折りたたみパイプ椅子を使っています。(吹奏楽やオーケストラ等長時間練習、本番の時)

2008/06/17(火) 14:06:25 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
>重くかさ張るので、ホールや学校?等の備品以外にはオススメでは有りません。

ただでさえウッドベースが部屋の一角を存在感たっぷりに占拠しているので、置き場所の問題って考えてしまいますね。
そういった意味では折りたたみの作業用椅子って興味あります。
今度ホームセンターに出かける機会があれば、是非見てみようと思います。
それにしても、ドラム用の椅子って、座面が90cmなんてあるんですね。
ドラムの人が、そんなに高い椅子に座っているイメージがなかったので驚きました。

だけどご指摘のとおり、ポジション感覚が変わってしまうことについては、現在も苦戦しています。
これも慣れなんでしょうけど難しいですね。
2008/06/28(土) 01:04:43 | URL | ナントハウス家主 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/549-3481de5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。