ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080703234024.jpg

↓本日の練習です。

スケール練習/10分
ソルフェージュ/20分
?-?-?進行のフレーズ練習/30分
ウッドベースで音を確認しながら耳コピー/20分

合計80分

昨日練習時間をまとめて確保できたとはいえ、今週は練習量が伸び悩んでいます。
明日は平日最終日、なんとか2時間位は練習したいと思っています。



本日は久しぶりにCDからの耳コピーを行いましたが、以前と比べるといくらか音を拾えるようになってきました。
もちろん何度もウッドベースで音を出しながらの作業にはなってしまいますが、音を見つけるまでの時間が確実に短くはなってきています。

きっと聴音テキストやソルフェージュの効果ですよね。
最近は聴音テキストをさぼりがちですが、ソルフェージュはかなり地道に続けていました。
全部で268問用意されていますが、今は228問目まで進んでいます。
昨日の調のドリル同様に、こちらも早いところ終わらせて、次のテキストに進みたいですね。



ところでソルフェージュでは、以前にmichiさんにお願いしていた時と同様に、楽譜を歌う前に、ウッドベースで「ドミソ?」と音を出してからはじめています。
michiさんが毎回、ピアノで「ドミソ?」と音を出してくれていたんですよね。

実はこの「ドミソ?」が、何気に難しくて苦戦しています。
「ド?ミ?ソ?」であれば何も問題ないのですが、これを早く弾くのが難しいんです。

ドミソ?
(タタタ?ン)

のリズムですが、いつもの2本指で普通にピッキングしたのでは全然リズムが遅いです。
そこで、オルタネイトピッキングで音を出しているのですが、弦をG線方向に上っていくのって大変ではないですか??
E線方向に下ってくるのは簡単ですが、オルタネイトでG線方向に移動するとなると、リズムが狂いやすい上に音も小さくなり、更に音の粒もバラバラといった感じになってしまいます。

そこでミとソをD線上で弾こうとすると、それはそれで左手のポジション移動が大変でぎこちなくなくなってしまいます。



ルート連打のオルタネイト特訓は結構取り入れていますが、弦を移動しながらの訓練も必要そうですね。
近日中に練習方法を考えたいと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/561-3192588a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。