ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
neckumeki.jpg

知人に譲ってもらったウッドベースがまだ部屋に置いてあります。
折れたネックのリペア跡が再び折れて、楽器屋さんにも見捨てられてしまった可愛そうなウッドベースです。
(こんな感じです⇒)

このまま部屋に置いていても、どうしようもないのですが、かといって処分するのはなんだか楽器が可哀想です。

というわけで、最近は自分でネックの補修を行えないかと思い始めました。
楽器屋さんが言うには、折れたネック部分に穴を開けてボルトを入れてあるようなのですが、金属のボルトで止めている場合に、上からドリルで再び穴を開けることが出来ないことが問題だとのことです。
(見出し写真中央の丸いところがボルト跡です。)

僕自身の充電式ドリルの歯であれば、別に痛むのはかまわないので、強引に穴を開けて、ボルトの頭さえ出すことが出来れば、なんとかなるのではないかと思っているのですが甘いでしょうか??




楽器って使われないのがなんだか可哀想ですよね。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。ご無沙汰しておりました。

うーん…危険ですねぇ…
うまくいったとしても、間違いなくピッチは狂いやすくなると思います。
とはいえ現状では使い物にならない様子。
楽器の構造を知るため、という感じでならば挑戦もアリではないでしょうか。

使われない楽器って可哀想ですよね。
高校の部室でカビていた(サビじゃなく、カビです)チューバを思い出しました…
2006/06/29(木) 23:02:03 | URL | アラシ #bcxnvIxM[ 編集]
いつもありがとうございます。
そうですよね。危険ですよね。
確かに、捨てる覚悟を決めて作業をするといった感じになると思います。
どちらにしても、このままでは使えないので、仕方がない気もするんですけど、やっぱり壊してしまうのはなんだか忍びないですね。
もうしばらく考えて見ようかと思ってます。
2006/07/07(金) 00:51:04 | URL | ナントハウス家主 #-[ 編集]
今更コメントですが。
実は僕のベースもおんなじ箇所でネックが折れてます。
宇治にあるオリエンテで修理してもらってます。
相当にひどいネック折れでも修理できそうです。 
工房に引き取りに行った時、それはそれは悲惨なベースが修理中でしたから。
2008/02/08(金) 12:45:26 | URL | どてら #-[ 編集]
修理
ウッドベース/コントラバスを含めバイオリン属は燃えて失くならない限り、バラバラになっても破片も含め部材が揃っていれば復元修理は可能の様です。が、普及品クラス(4~50万円以下)の場合は修理費との兼ね合いが難しい場合も有りますのでリペア技術者サンとよく相談して下さい。ネック折れ修理の場合は10万円前後~が一般的な相場ではないかと思います。
2008/02/23(土) 07:25:59 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
ネック折れ修理の金額
URLにリンクしてあるblogの4月14日に修理記を記録してあります。
そのときに修理費は2万5千円でしたね。
このときはネック側がまるまま使えたのが幸いしたかも。
家主さんのベースのネック折れの状況だと私のと同じような感じなので似たような値段で直るんじゃないでしょか。
2008/02/26(火) 22:34:20 | URL | どてら #e/PR8CMk[ 編集]
モリ@ベース様
どてら様

ネック修理に関する貴重な情報をどうもありがとうございました。
いまさらこのようなご報告をするのも恐縮なのですが、このネック折れのベースは昨年友人に引き取られていきました。

↓昨年の日記
http://woodbass.blog63.fc2.com/blog-entry-219.html

正確には、こんな状態でもかまわないという、友人の友人が引き取ったとのことです。
(そういえば、現在はどうなっているんでしょう・・・)

同じネック折れでも、状態によって結構値段の幅が出そうなんですね。
僕がこのベースを楽器屋さんに相談した際は、根柱立てと表板の剥がれの修理で25,000円位、ネック折れは店長さんの判断で無理という結論でした。
目の前で店長さんとリペアマンの方が相談をしていたのですが、リペアマンは直せると思っていたみたいです。
ただ、店長さんがお店のリスクを考えて無理という最終判断をなさっていました。

ボロボロになっているとはいえ、楽器がこうして音を出せない状態になっているのを見ると、なんだか可哀想な感じがしますね。

今後の生活の中で、僕自身はネックを折ってしまったり、その他楽器を破壊してしまうことが無いよう、改めて注意しておきたいと思います。

本当に貴重な情報をどうもありがとうございました。
2008/02/29(金) 09:56:44 | URL | ナントハウス家主 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/57-0c01e0e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。