ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080716100143.jpg

昨日痛めた右肩甲骨の辺りですが、一晩寝たらすっかり治っていました。
結構な痛みだったと思うのですが、いったい何だったんでしょう??
何はともあれ、治ってよかったです。



ここ最近michiさんが、All the things you areに取り組んでいます。
レッスンでもひたすらAll the things you areのセッションなどを行っているようで、自宅にも資料が増えてきました。
せっかくなので、僕もこの曲に取り組んでみようかと思います。



実は以前にも、この曲に取り組もうかと思ったのですが、青本を見てすぐにやめました。
この曲、青本でコード進行を見てみると、86小節もあります。
32小節ですら充分長いと感じている僕にとって、86小節なんてフルマラソンを遥かに凌ぐ長さに感じます。
更にダルセーニョとかコーダとか出てきて、見た目の面倒臭さと難易度も上がっているんです。

というわけで、最初に見た時には一瞬で諦めました。
ところがmichiさんに聞いてみると、イントロとエンディングが入っているから長いだけで、実際に繰り返すのは36小節だけだということです。

まあ、36小節だけとはいえ、僕にとってはかなり長い曲に変わりは無いのですが、それでもせっかくなので取り組んでみようかと思いました。



michiさんが、いろいろなAll the things you areを10曲程度まとめたCD-ROMがあったので、それに合わせてウッドベースを弾いてみましたが、やっぱりかなり厳しいですね。
同じコードが続くフレーズや、?-?-?、?-?などのフレーズ練習を行い、なんとか弾けるようになったフレーズもいくつかあります。
ところが実際の曲あわせるとなると、なかなか咄嗟に出てこないですね。



せっかく覚えたフレーズを実際の演奏で活かせるようにするには、ちょっとばかり工夫と訓練が必要そうです。

コメント
この記事へのコメント
『♪君の事ばかり』
結構南極?です(極寒)(^_^;)。
トーナルセンター(主調、Key)がいろいろと細かく変わって行くKey激変カメレオン型の典型です。。(^_^;)手ごわい楽曲の一つです。しかし、Ⅱ-Ⅴ進行、Keyチェンジを理解するためには最適の曲でもあります(^O^)
又、通常の32小節スタンダード曲に比べ、最後に4小節の付け足し?で36小節になっている辺りは見失う原因にもなります。(^_^;)つねに、メロディを意識しながら演奏すると、音楽的交通事故?(^_^;)予防になります。

2008/07/16(水) 15:04:39 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
演奏曲の構成が通常のサイズでない曲、例えばアロ-ン・トゥギャザー(Aメロセクションが10小節!)やクダンのオールザシングスユーアー等他はメロディを歌うなり意識する事でサイズ間違えや、コード進行事故等を防げます。
先般問題になっていた、『メロディーを歌いながら云々』は曲目の理解を深め、また、これらの音楽事故?予防に効果があります。
2008/07/16(水) 15:19:34 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
大好きな曲です。この曲、わりと簡単に出来ると思いますよ。
maj7をどう処理するかで、格好良さが決まる感じでしょうね?
ベースにとっては自由度のある曲だと思いますよ。
「枯れ葉」よりはラク?
2008/07/16(水) 18:49:40 | URL | #-[ 編集]
モリ@ベース様

モリ様に難曲とご指摘いただき、転調についてなどをその後調べてみました。
確かに転調だらけで、本当に理解しようと思うと、とてもではないですが、今の僕には太刀打ちできそうにありませんでした。
ただ、現在はこうした転調などを理解しながら弾いているわけではなく、(というか、そこまで考えながら弾く余裕も知識もまだありませんでした・・・)
ひたすら次に現れるコードを目で追いながら演奏しています。
本当に理解できるのは、まだ何年も先になりそうですが、今はなんとかコードを見ながらベースの音を紡いでいく事を出来るようになりたいと
思います。

転調を感じて、裏拍も感じて、更にメロディを歌いながらベースラインを紡ぎだす・・・
現れるハードルはどれも高くて、数も多いので大変ですね。



○○様

>この曲、わりと簡単に出来ると思いますよ。

心強いコメントをありがとうございます。
枯れ葉よりもラクって、なんとも魅力的ですね。
たしかにひたらコード譜を追いながらベースの音を出すという作業においては、枯葉の方が苦戦しているように思います。
何が要因かはよくわからないのですが、枯葉って、次のコードの頭に音をつなげ難い感じがするんですよね。

この曲綺麗ですよね。
僕もかなり好きです。
2008/08/20(水) 13:51:41 | URL | ナントハウス家主 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/570-1415e996
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。