ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080718004257.jpg
昨日写真をアップした虎の巻ですが、CやGM7に♭7が入っていることに気がつきました。
ノートに書き出していても気がつかないあたりが、まだまだ駄目駄目です。



モリ@ベースさんからは難曲と指摘されたAll the things you areですが、michiさんのもっていたテキストに解説がありました。
(モリ@ベース様、いつもながらありがとうございます。)
転調の表などもあったのですが、36小節の間になんと14個も調が含まれているらしいです。
(最初と最後を一緒と考えると13個)
今の僕には、まだ転調の見分け方や判断が出来ませんので、このあたりはこれからの課題ですね。

ただ、先日終わらせた調のドリルでは、転調は近親調の間で行われるということが書いてありました。
そういえば、今練習している曲が何調から何調に転調しているかも考えるようにといった記載もあります。
それにしても、小学生向けテキスト、まったくもって侮れませんね。

というわけで、転調の表を見てみましたが、近親調で無い部分もあるような・・・

ちなみに、↓調のドリルで習った近親調です。

主調
属調
下属調
同主調
平行調
属調の平行調
下属調の平行調

理論が理解できるのはまだまだ時間がかかりそうです。
次のテキストを用意していないので、そろそろ買いに行かなくてはいけませんね。
(習いに行くことも、ちょっと考えています・・・)



転調が盛りだくさんのこの曲、調が変わることによって使える音が異なってくるために難しいというのはなんとなく想像が出来ます。
しかし、現在の僕は?-?-?と、?-?に練習したフレーズを取り入れながら、それ以外を基本的に1度、3度、5度で弾く練習をしているので、現時点での演奏では、転調を把握して弾くということは出来ていません。

ただ、やたらと?-?-?が繰り返されるおかげで、僕には良い訓練になっていそうです。
「枯れ葉よりはラク?」という心強いコメントをくださった方もいらっしゃいますが、?-?-?進行主体で曲が構成されているおかげか、現在のところ取り組みやすい気がしています。
(心強いコメントをありがとうございます。)



取り組みやすいとは書いたものの、練習した?-?-?のフレーズがまだまだ咄嗟に出てこないことには大苦戦しているんですけどね・・・
この進度の遅さには、我ながら参ってます。
コメント
この記事へのコメント
正に、Ⅱm7‐Ⅴ7‐Ⅰ△7 のⅠがその調(Key)です。
例えばDm7-G7-CM7 ならばこの間のKeyは《Cメジャー》となります。
また、Ⅱm7(♭5)‐Ⅴ7‐Ⅰmの場合はⅠmが主調(Key)/トーナルセンターです。
Dm7(♭5)‐G7‐Cmの場合は《Cm(ハ短調)》となります。
Ⅱ‐Ⅴ‐ⅠのⅠが無く、また違ったⅡ‐Ⅴが連続するケースが多くあります。この場合はⅠは出て来ませんが既出のⅡ‐Ⅴで隠れている《Ⅰ》Keyがほぼ読み取れますので、この区間のKeyが予測出来ます。例外も多々有りますが(^_^;)
例えば、⇒Dm7‐G7‐Fm7‐B♭7 ‐B♭m7‐E♭7 等なら⇒最初のDm7‐G7はKeyはC、
⇒次のFm7‐B♭7は多分E♭が隠れているでしょう。
又は、次のⅡ‐Ⅴ(B♭m7‐E♭7)との絡みでA♭かも知れません(^_^;)←この場合にB♭7はA♭メジャースケールのノンダイアトニックコードでセカンダリードミナントコードになります。
2008/07/18(金) 22:31:56 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
転調に関して、トニックⅠに解決すれば(していれば)他のあらゆるKey(調)に問題無く転調可能です。
又、Ⅴ‐∥の固まりからメロディー音を含む他の∥‐Ⅴ(Key?)に移行も可能です。←オールズシングス~はこれらの代表曲の一つ
ジャズ、(ビバップ以降)は極端に言えば、コード進行はメロディーに対しよっぽど不協和で無ければ、なんでもOK!的なところが有ります(リハーモナイズ等)。(^_^;)
→∥‐Ⅴ‐Ⅰ的なパズルをつかえば
例えば、Fブルースの冒頭の四小節
∥F7|Bb7|F7|・/・|〔Bb7〕~を最後のBb7を『仮のトニック|』として∥‐Ⅴを逆算、パズルを埋めていくと・・・
∥F7|EΦ7/A7|Dm7/G7|Cm7/F7|〔Bb7〕が簡単に導き出されます。←『チャーリー・パーカー・チェンジ』とも言います。
→ブルース・フォー・アリス、コンファメーション、アイル・クローズ・マイ・アイズ、他。
2008/07/22(火) 09:12:13 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
キーの見分け方に関しては、理解出来たように思います。
(実際のAll the things you areに関しては不明な箇所がありますが・・・)

転調についても、ちょっとだけ解ったような気がします。
モリさんの解説を、左手で指を動かしながら(指版のポジションをイメージ)読み返してみて、なんだかちょっと感激しました。
だけど、これでトニックからどこまで遡っていけるのか等々、理解できていない事も多いです。
やっぱり大きく基礎知識が不足しているんですかね・・・
やっぱり、早く勉強しなくてはですね。
どうもありがとうございました。
2008/08/20(水) 14:03:39 | URL | ナントハウス家主 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/572-7dce4a1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。