ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080723222008.jpg
これといって写真がありませんでした。
困ったときは、相棒の音叉になってしまいます。



先程、michiさんが持っていたJAZZのCDに関する本をパラパラと読んでいました。
各CDに対する評論が載っている本です。
3冊ほど見てみたのですが、この手の本ってベースに関する情報がほとんど無いですね。
まあCDって、あくまでもメロディを聴くものでしょうから、ベーシストの情報が無いのも仕方無いですが、ちょっと残念です。



本日は100分ちょっと練習しました。
ただ、どうも本日はやる気が出なかったんです。

いつもであれば、まずスケール練習をしてからソルフェージュを行います。
しかし本日は気分が乗らなかったので、以前にコピーしたアルバムのメロディを練習の最初から弾いてみました。

1年程前に、気分が乗らない時はメロディを弾いてみるのも良いですよといったコメントをいただいた事がありましたが、本当に気分転換になりますよね。
40分程、いくつかの曲のメロディを弾いていたら、ようやく気持ちが乗ってきたので、そこからAll the things you areに取り掛かりました。
その後、Fのブルースを復習して練習終了です。



こうしてメロディを弾いてみると、気分転換だけでなく、頭で思ったタイミングで音を出す練習にもなるので、技術的にもプラスになりそうです。
4ビートのベースラインだけだと、なんとなく惰性で音を出してしまっていることがあると思います。
メロディだと、いろいろなリズムやフレーズが出てくるので、弦をはじく指先にも自然と変化が出てくるのが良いですね。
頭でイメージしたフレーズを、実際に弦をはじいて弾いてみると、どうもぎこちなかったり、イメージと違ったりすることが多いんです。



頭にイメージしたタイミングで音を出すことって、あまりにも基本のようですが、かなり難しいです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/574-b7d68135
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。