ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080902002529.jpg
相変わらず音叉は持ち歩いています。
ズボンの右ポケットに常に忍ばせて、1日に何度か「ラ」を確認するようにしています。
(先日、仕事の打ち合わせの際に床に落としてしまいました。気をつけなくては・・・)

いつも頭を軽くコツンと叩いて、根元の玉の部分を右耳につっこんで音を確認していました。
ところが、どうも右耳だけなんだか痒くなってしまったんです。
金属アレルギーとか無いと思っていたのですが、心当たりは音叉だけなんですよね。

というわけで、最近はうるさい場所でも、なるべく耳にはつっこまずに使うように心がけています。





ところで、以前から難しいと感じていたE線ですが、現在も相変わらず苦戦しています。
特に8分音符などをE線で弾くと、ほとんどリズムが合わせられません。

E線を弾く時は、他の弦よりも指のかかりが深くなってしまいがちなのが、要因の1つではないかと思っています。
8分音符を弾く時などに慌ててしまうと、指板と弦の間に指が入り込んでしまうことまであるんです。

そこで、E線を弾く際に意識して指を浅くかけるようにすると、当然指のひっかかりは軽減されるのですが、明らかに音が小さくなってしまいます。



「E線は難しい」
という話もよく耳にしますが、例に漏れず苦戦し続けています。

「コツ」が何処かにあるんですかね・・・



E線の対処、まだまだ試行錯誤が続きそうです。
コメント
この記事へのコメント
E線のピチカートは他の弦とは少し方法が異なります。(同じの方も、もちろんいます)
ピチカートの方向を指板に落とす様にして、指先が指板に当たった後、振り切ります。(指板に当たる音もアタックサウンドの内)
詳しくはビミョーな事項やバランスの問題も有るのでレッスンで先生&師匠様~の直接レクチャーが必要です。
2008/09/02(火) 07:39:33 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
↑の方法は、昔、ツアーで当地に来られた稲葉国光大師匠サンから教えて頂きました。
かの人は、ワン・アンド・オンリーの武骨でぶっとい音と強烈なスイングビートで、通常の生音も異常に大きくって驚き!ですが、ソロになれば更に、輪をかけて音がでかくなり、弦が切れないかと心配するほど弦がの振幅がデカイです。目の当たりにした際は有る意味、カルチャーショックでした。『アンプの無い時代~やっているからなぁと』(笑)おっしゃっていました。実はその際、ライブで僕のコントラバス(アンドレアスウィルファー)の筆下ろし?をして頂きました。お元気でしょうか?
家主サンも機会があればぜひともご覧になって下さい。
2008/09/02(火) 22:19:58 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
音叉は耳の穴に入れるのではなく、耳珠の前の骨(少しへこんだところ)に当てたほうがよろしいですよ~。そのほうが頭蓋骨に響いてよく聞こえますから。
2008/09/03(水) 23:34:46 | URL | imaiyu #3un.pJ2M[ 編集]
モリ@ベース様

フォームのチェック、確かにあらためて先生に見てもらいたいですね。
実はレッスン先の変更を検討しつつ、新しいところをまだ決めていないんです・・・
8月に入ったあたりから、練習時間の確保にも苦戦している状況だったので、ついつい先延ばしにしてしまっていました。
稲葉国光さんの件、恥ずかしながら存じ上げなかったので、ネットでいろいろと調べてみました。
結構近くでライブをやっていらっしゃるようでしたので、是非ライブに伺ってみたいと思います。
>武骨でぶっとい音と強烈なスイングビート・・・
憧れですので楽しみです。
貴重な情報をどうもありがとうございました。



imaiyu様

いただいたコメントを携帯電話で読ませていただきながら、すかさずチェックしてみました。

まさか、直接耳に入れるよりも聞こえるなんてことは・・・

と思いながらの確認だったのですが、驚きました。
耳に直接入れるよりも更に爆音で聞こえます。
今後は是非ともこの作戦で「ラ」を聞きたいと思います。
どうもありがとうございました。
2008/09/04(木) 01:29:12 | URL | ナントハウス家主 #-[ 編集]
改めて、稲葉サンのプロフィールをみて、家のよぼよぼ?親父と同い年と判明しました。凄いのひと言です。ありがとうございました。
レッスンの先生の件、いっそ、稲葉師匠にお付きになっては?
今、第一線で活躍されているPROには門下生が数多くおられます。
とにかく、第一線の本物&大物!!に触れないと上達しにくいのも現実です。(^_^;)
2008/09/04(木) 09:39:15 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
モリ@ベース様

モリさんからコメントをいただいて稲葉さんのことを調べていたら、「レッスンもやってたりしないかなぁ」というのを考えてしまっていたんです。
ライブを見に行った上で、レッスンの件も是非考えてみたいと思っています。
あらためまして、どうもありがとうございました。
2008/09/05(金) 09:57:17 | URL | ナントハウス家主 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/604-29710e12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。