ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080914105430.jpg
昨日はThe Mojasというバンドの、12年ぶり再結成ライブを見に出かけていました。
ツインボーカル、綺麗で迫力もあるしいいですね。
ちなみにボーカルの2人は確か42歳、しかも住んでいるのは東京と名古屋です。
この歳になって、音楽でこうして集まれているというのも素敵でした。

やっぱり音楽っていいですね・・・





ところで本日は、朝一で渋谷に出かけて用事を済ませた後、近所のファーストフード店で久しぶりに理論の勉強に励んでいます。
こうした週末の朝の過ごし方というのは、なんだかのんびりしていていいですね。



ところが今回出てきた勉強のテーマには大苦戦しました。
「倍音」がテーマだったのですが、これ超難解です。

ファンダメンタルトーン
ワンラインオクターブ
ハーモニクスオーバートーン
etc・・・

といった意味不明(?)な怒涛の横文字攻撃に加えて、

周波数○○ヘルツ
振動周波数比率
一次関数・・・

といった、音楽(音学?)だか数学だか物理学だかなんだかわからない、画数の多い漢字の羅列による波状攻撃に思いっきり滅入ってしまいました。

高校3年時に理系コースへ進んだにも関わらず、大学受験では国語、英語、倫理政経(今もあるのでしょうか?)で受験した僕にとっては、内容が難しいだけでなく、拒絶反応を煽るような内容です。
※ちなみに大学受験は上記3科目+実技(体育)でした・・・



今のところ、これらを覚える事で何に役立つかはよくわかりませんが、地道に進めてみたいと思います。

コメント
この記事へのコメント
倍音=フラジオレット=ハーモニクス(オーバートーン)です。
倍音の構成をコントロールする事で、音色をコントロールする事が可能です。
管楽器の場合はオーバートーンの練習(詳しくは省略)は、良い音、安定したピッチコントロールの、ある意味必須の基礎練習です。さらに、運指表に無い高音域の演奏にも必要です。
ベース等の場合、アンプのトーンコントロールをしやすく(変化を理解しやすい)なります。ピチカート等の位置を変えて音色の変化を狙うのも、同様の効果を狙ったモノです。
また、基音→2倍音(1Octave)→3倍音(12度→4倍音は振動する弦長の全→1/2→1/3→1/4→ETC,に当たります。応用としては、コントラバスやエレベ等ではハーモニクス(フラジオレット)奏方として、確立されています。
2008/09/15(月) 10:23:34 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
身近でよく使っているのがチューニングの際に、ハーモニクスで各弦を合わすのがポピュラーですね(^_^;)
2008/09/15(月) 10:30:27 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
ハーモニクス
7フレットに指を軽く乗せて弾くと19フレットを押さえたのと同じ音が出ます。 要するに5度の音が出るわけで、これを一つ下の弦の5フレットハーモニクスと合わせるのが調弦の一般的手法ですが、こうやってあわせた弦をチューナで測ると少々狂っているはずです。
 これが平均率の妥協点なわけで、チューニングは耳に頼らず、チューナーを使いましょうという根拠です。
 
 7フレットハーモニクスを鳴らしてから、しっかりと押さえると7フレット押弦のオクターブ上っていう音が出せますので、それからスライドダウンすると、青木智仁の得意技「ハーモニクス飛ばし」になります。
2008/09/15(月) 11:51:41 | URL | どてら #e/PR8CMk[ 編集]
>ハーモニクスで調弦の場合にズレるのは1/3の位置のハーモニクス(フラジオレット)音が弦の質量他の関係で機械計測的な五度音に成らない為に起こる現象の為に起因すると思います。汗
同様に基準音と五度音が聴感上で気持ち良く響きあう様に、次々合わしていく【ピタゴラス音律】に因る調律にでも起こります(二、三回で既に平均律~かなりズレる/機械的平均律の五度音と生理的な五度音の周波数が異なるため)。←バイオリン~チェロは五度チューニングなので、よく問題に成ります。
平均律は産業革命と妥協の産物です。主に、ピアノやギター等、あらかじめ音程を【それなりに合わさざるを得ない】楽器のために、オクターブを均等に平均に区切って一(一オクターブ=1200Centとして、半音の間隔=100Cent)作った言わば、工業規格ですね。
元来、人間が生理的に気持ち良く、綺麗に響くと感じる【純正律】とは、似て非なるものです!
純正律でのドミソの三和音は静謐で神の響きです。が平均律では世俗的な、やや濁った響きです。
基本的には、純正律が人の聴感上は自然に感じますが、ピアノやギター系(フレット有り)では実用的では有りませんので、多少の濁りや不自然さには目をつぶり妥協して、それなりにに平均に使える平均律が採用されています。
ギター(フレット有り)やキーボード系か主役の現在はこの美しく無い平均律が標準となってしまっています。(^_^;)



2008/09/15(月) 22:06:03 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
モリ@ベース様
どてら様

いつもながら、ありがとうございます。
理論書の倍音ページに関しては、繰り返し読み返しているのですが、まだまだ理解出来ない箇所も多々あります。
ハーモニクスに関しては、G線の1/2ポジションについては結構使っていたのですが、他のポジションについてはまったく使えていません。
そもそも、ポジションがずれると綺麗に音が出ないということも最近知りました。
7フレットと5フレットのハーモニクスを使ったチューニングについては、確かウッドベースを始めた月の、2回目のレッスンで教わった気がします。
だけどこの時は、何をどうしているんだかさっぱりわからなかったんです。
こちらも最近になって、このポジションでハーモニクスを鳴らせるようになってきたおかげで、何をやっていたのかを理解出来ました。
それでも、7フレットや5フレットでハーモニクスを鳴らすのって、微妙なポジションや、左手の弦へのタッチ等々、デリケートで難しいですね。
恥ずかしながら、今の僕にはまだ、平均率と純正率の違和感というのを感じ取るところまではいかなそうです。
純正率で調弦した際の違和感を感じとれるようになるまで、耳も鍛えなくてはいけないということでしょうね。
ところでどてら様より教えていただいた、「ハーモニクス飛ばし」なる技ですが、文面通りに試してみました。
ですが、ハーモニクスを鳴らした後に弦を指で押さえた時点で、ほとんど音が消えてしまいます。
まだハーモニクス自体、綺麗に鳴らせていないということのようですね。
ここから更にスライドダウンしてもしっかりと音が響くって、いったいどれだけ綺麗に音が出ているんでしょう??
だからこそ「技」なんでしょうね。
あらためまして、モリ様、どてら様、どうもありがとうございました。
2008/09/16(火) 16:32:58 | URL | ナントハウス家主 #-[ 編集]
【ハーモニクスの跳ばし】をハーモニクス音のスライド/グリスのアップ又はダウン奏法と解釈すると、
コントラバス/ウッドベースで、ピチカート主体の場合は、まず、正しい調整がされた、良く鳴る(響く)サスティーンが長い(サスティーンの長い弦=スピロコア等が有効)楽器で、弦高は比較的低めでないと難しいかも?です。(←要するに、弾きやすく、ある程度以上の楽器が必要/ボ~ン的な鳴りでは無くって、ヴィ~ィ~ン的)
弓奏の場合は比較的容易に可能です(ボ-イングの圧力コントロールに注意)

エレベの場合は、ジャコパストリアスも生前、良くやっていた様に、フレットレスの方がハーモニクス音が途切れ難くって良いでしょう。
2008/09/16(火) 23:12:26 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
>ある程度以上の楽器が必要・・・

今の僕のベースでは難しいそうですね。
まあ、そう言ってしまうと上達が見込めないので、まずは綺麗にハーモニクスを鳴らせるようにする所からスタートしてみます。
ポジションが少しずれただけで、綺麗に音が鳴らなくなりますよね。
最近1/2ポジション以外のハーモニクスを鳴らしてみて、まだまだポジションが曖昧なんだなぁというのを痛感しました。
きちんと音を出せるようになれば、ポジション移動無しで出せる音の幅が広がるので魅力的なんですよね。
少しづつコツをつかんでみたいと思います。

2008/09/17(水) 14:38:28 | URL | ナントハウス家主 #-[ 編集]
この間、スチューデントJazzFestivalで変な(凄い)中三♂を発見しました。クダンの跳ばしやハーモニクス奏法、早弾き等をエレベとほぼ同じレベルでウッドベース(自前、新作オリエンテ60万円!?)でブイブイやっていました。本人や顧問の先生いわくブロンバーグやテクニック系が大好きとの事(^_^;)←君は変態やなあ~と、思わす(^_^;)
バンドは関西で有名な男子校、常勝グランプリでした
2008/09/17(水) 18:14:11 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
中学生の頃からそれ程弾けるとは、何歳から始めたんでしょうね。
若い頃から取り組んでいるのは羨ましいと言いたいところですが、それ以上に沢山ベースに触れて、練習もしているんでしょうね。
ただ、学校のクラブ活動のように、先生を含めて、先輩や仲等々、一緒に演奏したり教えてもらえたりする仲間がいる環境というのは純粋に羨ましいです。
環境は望んでもなかなか難しいので、最低限練習は怠けず頑張ろうと思います。
(だけど、ちょっと演奏見てみたいなぁ・・・)

2008/09/17(水) 19:00:59 | URL | ナントハウス家主 #-[ 編集]
かの少年は中学に入って~エレベ~ウッドは一年チョイの様です。w(゚o゚)w
勿論レッスンにも通っている様です。
若いって素晴らしい!
私立の中高校の男子校。
バンドはそこいらへんの社会人バンド依りは遥かに上手で、間違いなく、日本のトップレベルです。また上級生には夜な夜な、オジサンプレーヤーを打ち噛ましに行く連中もいます。
大学も有ります。←何故かヤマノでは苦戦気味です。
現在、関西の若手Jazz屋サンには、こちらの卒業生が多くなっています。
2008/09/18(木) 11:06:40 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
一年チョイですか・・・
今更ですが、やっぱり若さって重要なファクターなんでしょうね・・・
14~5歳で既にそんな実力であれば、まだまだ思う存分練習出来ますし、将来が楽しみですね。
だけど2年半も練習して今の実力しか無い僕は・・・
ちょっと悲しいです。

2008/09/20(土) 17:52:38 | URL | ナントハウス家主 #-[ 編集]
3倍音を19等分平均律
3倍音を19等分した平均律も考えてみてください
2009/03/25(水) 10:11:53 | URL | DGB #aur3KnFs[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/613-39e98d2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。