ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080921130648.jpg
昨日朝は、その後ファミレスでmichiさんと合流したのですが、michiさんが音楽関連のテキストやノートを持ってきてくれたおかげで、移調譜作りを進めることができました。

ちなみに、michiさんにも指摘されたのですが、どうも楽譜を書くのが遅いんですよね。
しかも休符やナチュラルなどの臨時記号がかっこ悪いんです。

かっこいいナチュラル(?!)って、いったい何が違うんだろう・・・





ところで、以前から何度も取り組んでは挫折しているベースソロですが、その後ほとんど進展がありませんでした。
ポールチェンバースをコピーしてみたり、コードを基に作曲気分でソロのラインを作ってみたり等々やってはみたものの、結局アドリブでソロを弾けるようにはなっていません。



最近、メトロノームを鳴らしながら、なんとなく適当に音を出してみました。
小節の頭はコードの根音で入るようにしながら、あとはリズムも使う音もみんな適当です。
酔っ払いが茶碗をたたくようなそんなノリですね。

当然「音楽」とは呼べないような音になってしまうのですが、それでも気にせずに突き進んでみたんです。
すると、20小節とか30小節に1回くらいの割合でしょうか、本当に時々ですが、音楽っぽい音になる時があります。

もしかして、この繰り返しで音楽っぽい音が出る精度を高めていけば、結果的にベースソロになるのかもしれないと思いました。



今まで、いろいろ考えてはみるけれど、結局どんな音を出したらよいかがわからずに音を出さないという結果になっていました。
結局、何も身に付いていないので、今度は逆のプロセスで試してみようと思います。



何も考えずにまず音を出す!



その先にどんな結果があるのかはわかりませんが、しばらくはお試し期間で続けてみようと思います。

コメント
この記事へのコメント
音を出す前に
本当は、音を出す前にスキャットで歌ってみるのも良いでせう。
良いソロを作っていっても、拍手を貰って、もうワンコーラスってことになったりもしますから、口から出任せでいくらでも惹けるようになっておく事も必要です。
2008/09/22(月) 23:47:29 | URL | どてら #e/PR8CMk[ 編集]
こんにちは。私もスクールの発表会にむけてソロを作っているところなんですが、師匠に言われたのが、ソロを弾く時「ベーシストはルート癖があってソロでもついついルートから始めてしまいがちだが、そうするとスケールをなぞるだけになってしまうのでセブンスとかのルート以外の音から始めた方がいい」とのことでした。これが絶対的に正しいのかどうかわかりませんが一度試してみてください
2008/09/23(火) 02:44:07 | URL | ルーク #-[ 編集]
僕もセッションなんかをしている時に回ってくるソロで悩みまくっているのですが…。

他の方々が言われていることに加えて、
1拍目アタマをあえて休符から始めたりすると、
ルート弾かなきゃって意識から脱却出来ていい感じだったりします。

勉強中の身の意見ですが、参考になれば幸いです。
2008/09/23(火) 23:36:41 | URL | ohji #-[ 編集]
どてら様

いつもながらありがとうございます。
>口から出任せでいくらでも・・・
これがまた難しいですね。
楽器を持っていない時に、結構鼻歌を歌うのですが、これがとにかくJAZZっぽくならないんです。
いろいろな音源を聴いて体にJAZZの音やリズムが染込んでいれば良いのかもしれませんが、40年近くかけて僕の体に染込んだ音とリズムは、どうもJAZZとはかけ離れたもののようです。
(しかもかっこ悪い・・・)
しかし、出任せで歌えてしまうということ自体がかっこいいですね。
時間はかかりそうですが頑張ってみます。





ルーク様

>ルート以外から・・・
貴重なアドバイスをありがとうございます。
何もわからない未知の領域のソロで、唯一頼れるのがコードだったんですよね。
>ベーシストはルート癖が・・・
この点に関しては、僕も間違いなくベーシストらしく(?)なってきているようです。
コードを見て、咄嗟にルート以外の音からスタートというのは、今の僕には難易度が高かったりしますが、誠にもってごもっともだと思いますので、意識してみたいと思います。
どうもありがとうございました。





ohji様

>休符から始めたり・・・
そうなんですよね。
これが出来ると、俄然JAZZっぽくなったり、なんだか色気が出てきたりしてかっこいいですよね。
ところが、これがまた難しいですね。
休符を入れようとすると、不思議な事(?)に曲の進行も止まってしまったりします。
小節の頭を休符にしたにも関わらず、何故か休符の次からきちんと4つ刻んでしまったりして、拍がぐちゃぐちゃになってしまったりするんです。
これを恐れずに、どんどんチャレンジしなくてはいけませんね。
またそれ以前に、どんなフレーズを弾いても、頭と体の中に基本のビートはしっかりと刻み続けられるようにすることも必要そうです。
地道に頑張ってみますので、今後とも宜しくお願いします。

2008/09/24(水) 17:27:49 | URL | ナントハウス家主 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/619-98eb045a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。