ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20081005225737.jpg

先日、TVでジスモンチさんが、ギターを弾く際に手に汗をかいたらベビーパウダーを使っているという話をしているのを見ました。
(めー様、2時間15分しっかり勉強させていただきました。貴重な情報をありがとうございます。)

たしかに指先に汗をかいてしまうと、本当に弾き難くなりますよね。
僕は特に左手の親指に汗をかいてしまうのが嫌いです。

というわけで、さっそくベビーパウダー作戦を試してみました。



感想なんですけど・・・
これって、更に滑るようになってしまいませんか?



ベビーパウダーをつけるのって、もしかして弦をはじく右手の指先なんですかね・・・
少なくとも、ウッドベースで左手の親指につけるのは間違っていそうです。

こうなるとやっぱりタンマグ(炭酸マグネシウム)が欲しくなりますね。

タンマグ→体操、ウエイトリフティング、投てき選手などが使っている白い粉です。野球のロージンバッグと違って、ベタつかないのがいいんですよね。
以前に神田のスポーツショップ街で探してみたんですが、その時はどこにも在庫が無かったんです。

通販で購入してみようかなぁ・・・





ところで、先日モリ@ベース様からアドバイスいただきました、ベースレスのCDにあわせて弾く練習というのを早速実践してみました。

ところが・・・

先日の日記に書いたCDは、ベースレス&ドラムレスなんです。
なんとなく弾いてみたんですけど、ドラムレスに合わせるのってめちゃめちゃ難しいですね。

頭の中で、基本の4ビートをイメージしてはいるんですけど、途中で必ず拍がずれてしまいます。
いろいろなリズムで、小節を大きく捉えながらの演奏といった感じなんでしょうけど、プレーヤー同士はしっかりわかっているんでしょうね。
それにしても、理解しあいながら演奏できているのが不思議でしょうがいないです。
(レコーディングの際などに、自由にやりすぎて、リズムが合わなくなって録り直しとか位はきっとありますよね・・・)



いずれにしても、今の僕の実力でCDに合わせるには、ドラムもしくはベースなどのリズム楽器が含まれている演奏でないと厳しそうです。
コメント
この記事へのコメント
昨今のライブハウス等の現場では、スペースやコスト(ギャラ)の関係でドラムが無い編成が結構多いです。(Pf+B. Pf.+Vo. Pf.+B.+フロント楽器やVo.他、)
Jazzベーシストはリズムとハーモニーのカナメ(ベース)としてドラムレスでもSwing、グルーブするように頑張っていきませう。
2008/10/07(火) 14:56:08 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
>ドラムレスでもSwing・・・
難しさというのを身に染みて感じています。
「弾く」という技術と併せて、感覚も鍛えていかなくてはいけませんね。
それにしても、ギャラの関係でメンバー編成が変わるというのは、未知の世界で興味深いですね。
いずれは僕もギャラが発生するような現場やレベルで演奏出来るよう頑張ります。
2008/10/11(土) 00:43:23 | URL | ナントハウス家主 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/627-9b423983
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。