ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
nejimaki.jpg

練習前に調律を行うようにしています。
それにしても、毎日毎日随分音が狂ってますよね。

最近気が付いたのですが、音が高い方にずれていることはほとんどありません。
ほとんど毎日、低い方にずれています。

当然調律の際には、弦を張って正しい音に近づけているのですが、これって毎日ちょっとずつ弦が伸びているってことですか?

それとも、ネックがしなってきてる?!

弦が伸びているのであれば、張り替えれば良いですが、ネックがしなってきていたら大変ですよね。
ちょっと心配です。



ところで弦の寿命ってどれくらいなんでしょう??
コメント
この記事へのコメント
多分、大丈夫だと思いますよ。
弦がピンと張っているため、ネジや歯車(←すみません名前分かりません)の部分が
かなりの力で引っ張られているはずです。
ネジや歯車の手入れがしっかりしているほど、緩みやすくなります。
また、管楽器の音程は夏は低く、冬は高くなりやすいです。
これは金属の膨張でしょうね。演奏中にも変わってきます。

あ、また偉そうな長文になりました。
失礼致しました。m(__)m
2006/07/15(土) 21:50:51 | URL | アラシ #bcxnvIxM[ 編集]
ウッドベースの場合、大きな木の箱で出来ているため、温度や特に湿度の影響を受けやすいです。乾燥してくると木が萎縮し、水分をすってくると張ってきます。また、反りやねじれ方向の力も変化します。
一概には言えませんが、様々な環境条件の影響を受けやすいナイーブな楽器であり、日々の状況によって弦への張力も影響を受けるわけです。
弦の寿命は人それぞれだと思います。
新品の弦の輪郭のハッキリした音を望まれる方は数ヶ月単位で交換されている様です。
プロの方々の中にはライヴを何回やったら交換と決めているようです。
弦も死んでくるとチューニングがしづらくなります。実音や倍音の出方がハッキリしなくなってきます。楽器そのものの影響でなく弦の状態によってチューニングがやりづらいと感じてきたら、変え時かもしれません。
盛んに演奏活動していないのであれば、1~2年くらいは使って差し支えないと思いますが・・・。
値も張るものですからね。
2006/07/16(日) 23:19:21 | URL | jettman #QjzkEOgs[ 編集]
やっぱり気づかない間に歯車が緩んできてるんですかね。
だけどそうでないとつじつまが合わない気がするなぁ・・・

それにしても、あの木のサイズで見た目にねじれが感じられないのが不思議なくらいです。
自宅で使っているコースターは木で出来ていたのですが、使っているうちに反ってきてしまい、今ではグラスを置くとグラグラしてしまいます。
それを考えるとそりゃ音も狂いますよね。

先日、弦の値段も調べてみました。
高額なのにびっくりです。
いろんな意味で、弦の張替えって怖いですね・・・
2006/07/23(日) 00:00:06 | URL | ナントハウス家主 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/64-810965f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。