ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20081023233602.jpg

本日はどうにも背中の右側が痛くて、マッサージ機を先程から当てています。
昨日首を寝違えた件も含めて、やっぱり体が歪んできていたりするのかもしれないですね。
最近は胃の調子も悪いですし、どうも体がすっきりしませんね・・・



青本のコードを見ながら、メトロノームやCDに合わせて弾く練習を毎日少しづつでも取り入れるようにしています。
知らない曲だと、はじめの頃はテンポ100でも厳しかったのですが、最近はいきなり150?160で始めても多少は弾けるようになってきました。

もちろん気のきいたベースラインには程遠い感じになりますが、それでも1度3度5度を適当に織り交ぜながら弾く事は出来るようになってきています。
咄嗟にポジションや音が浮かばない時には、ルート連打で突き進んで持ち直す術もしっかり身についてきました。

ただし、1小節にコードが1つの場所と2つの場所がありますよね。
この切り替わりでロストしてしまう事が結構あるんです。

1小節にコードが2つの小節から、1小節にコードが1つの小節に移った際に、勢いで音を2つしか入れずに次の小節に移動してしまったりするんですよね。
そこで慌てて気がついて戻ろうとするのですが、その際にわけがわからなくなってロストしてしまいます。

テンポを上げて弾いている際などには余裕が無いので尚更こうしたミスが多くなりますね。



なんとも初歩的なミスですが、これも地道に繰り返している事によって、問題なく対応出来るようになってくるもんなんですかね・・・
1度ロストしてしまうと、相当繰り返し練習している曲でも無い限り、なかなか曲に復帰する事が出来ないのも致命的です。

余裕を持って弾く事で、間違えたりロストしたりしないようにするのはもちろんですが、ミスを犯した後の対応もしっかり身に付けていきたいですね。



明確に何をどうしたら良いかはよくわかりませんが、まあ地道に練習を続けてみようと思います。
コメント
この記事へのコメント
ミスやロストしたら
本番やアンサンブルでミスしたら、それはアッサリとすぐに忘れて次に進み取り返しましょう。
ロストしたらコーラスの区切りや次の頭等判り易いところから復帰?しましょう。
ゴマカシの一方法として、ロストしてからテキトー(^_^;)に繋いでいてコーラスの頭や区切りですかさず復活するのも緊急避難?的にはありです。(^_^;)
この際、知らんぷりでリズムやタイムキープだけはバッチリ(ご機嫌!)に合わせていれば何となくイッテいる様に聞こえるのはベースの特権です?(^_^;)
反対にリズムがダメの場合は一発でバレバレになりますが(>_<)
2008/10/24(金) 12:51:41 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
「一小節にいくつコードがあるか」ではなく、「何拍で次のコードに変わるか」という観点で考えてはいかがでしょうか。
「一小節に二つ」ではなく、「二拍づつコードが変わる」と考えるのです。

あとは、身体にしみこむまで、ひたすら練習することでしょうか。ただし、ゆっくり。このテンポなら絶対できる!って速度で、音程、音色を含めて完璧な仕上がりを目指すのが、実は一番の早道かと。
2008/10/25(土) 18:48:01 | URL | 松 #-[ 編集]
モリ@ベース様

ロストした際に、他の楽器の方であればベースがルート音を押さえてくれているので、復帰しやすそうですよね。
こればっかりは本当に羨ましくなります。
だけどこうして、頼られるべき存在であるはずの僕がロストしてしまうというのも致命的ですね。

>テキトー(^_^;)に繋いでいてコーラスの頭や区切りですかさず復活する・・・

なんとしても覚えたい技です。
知らんぷりでご機嫌に合せる演技力というのも、言い換えれば表現力ですね。WW
(プラス思考です・・・)

僕の場合セッションでロストしたら、思いっきり「やっちまった・・・!」って顔をしてしまいますから、このあたりは反省です。

ロストしても知らんぷりでご機嫌に合せる、技術と表現力と鋼のハートを是非身につけたいと思います。



松様

コメントをいただいた後も、早速ロストを続けて(?!)いますが、やはり余裕が無いために意識自体を何かに変えるというのも難しいみたいです。

>体にしみこむまで、ひたすら練習する・・・

やっぱりここですか・・・
しみこむだけの練習量を、まずはしっかりキープ出来るようにがんばりたいですね。
あらためて、「ゆっくり」の練習というのも、じっくり取り組んでみたいと思います。
2008/10/29(水) 10:22:52 | URL | ナントハウス家主 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/671-91fbef7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。