ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20081026205325.jpg

この週末も順調に練習をこなす事が出来ました。
昨日が約4時間、本日も約3時間半の練習です。
更に音楽関連の本を1冊読み終える事も出来ました。

年々少しづつ練習をこなせる体が出来てきているのも嬉しいですね。
左手首にストレスを感じているので、故障しないように気をつけておきたいと思います。





本日は久しぶりに、じっくりとベースラインを作ってみる事にも取り組んでみました。
曲はAll of meです。

この曲、メトロノームに合わせて、コード譜を見ながらベースを弾く練習を時々行ってはいました。
ただ、なんだか凄く弾き難い感じがしていたんです。

手癖とでも言うんですかね・・・
指が動こうとする方向と、次の小節のコードがことごとく違っているんです。
そこで、久しぶりに5線譜に書き出しながら、じっくりとベースラインを考えてみました。



以前にもこうしたベースライン作りを行ってはいたのですが、その際には心地良くて変化に富んだラインを作ろうとしていた気がします。
ところがこのやり方だと、結局あまり役に立っていないんです。

テキストで使われているフレーズを丸写ししたり、使える音を最大限に活用しながら心地良いラインを組み立てたところで、その後コード譜を見ながら弾く際に、咄嗟にそんなフレーズなんて出てこないんですよね。



というわけで今回は、出来るだけシンプルな音使いを心がけてみました。
具体的には、出来る限り1度3度5度7度とクロマチックの音(C)で組み立てるようにしてみました。
それ以外の音(2度や4度や6度)については、「1度2度CC」や同じコードが続く場合の「1度3度4度4度♯」などといったお決まりフレーズ以外では極力避けるようにしてみたんです。

後々コード譜を見ながらアドリブでベースラインを弾く際にも、1度3度5度7度のみの音使いであれば、咄嗟に出てきやすいですもんね。



いろいろな音を使って素敵なベースラインというのも弾いてみたいとは思いますが、まずはしっかり足元を見て、自分のレベルに合わせたベースラインをしっかりマスターしていこうと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/673-23f02823
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。