ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20081107193206.jpg

2日かけて(2本づつ)、ようやく弦を張り替えました。
夏頃からそろそろ張り替えようと思って、弦だけは用意してあったんですよね。
だけど、ついつい面倒臭くて先送りしていました。

それにしても弦の張替えって、ペグを回すのが本当に嫌になりますね。
途中、真剣に自宅にある電動ドリルで回す事を考えた位です。

まあ張り替えてしまえば、やっぱり気持ちよいですね。
だけど当面ペグ回しは御免です。





最近ちょっとだけ進歩したと感じている点ですが、頭でイメージした音を、少しだけ早く探せるようになってきたように思います。
頭に浮かんだメロディの音が、指板のどのポジションの音かを当てる技(?)ですね。

以前は頭に浮かんだ音を探すのに、半音づつ音をずらしながら、5つ以上いろいろな音を押さえてみるというのがざらでした。
それが最近は、3つくらい押さえれば大抵は見つかります。
(それでも3つくらいは探しているわけですが・・・)

更には、運良く1発で見つかるといった事も増えてきました。

最近は作曲やインチキソロの練習を行う機会を増やしていたので、こうした作業で感覚が鍛えられてきているみたいです。



歌を口ずさむのと同じように、頭でイメージした音をそのままウッドベースで出せるようになったら素敵ですもんね。
少しづつではありますが、確実に変わってきているので、今後が楽しみです。
コメント
この記事へのコメント
弦の張替
コントラバスの弦の張替はホントに大変な作業ですね。
糸巻きペグを手早く回す、ストリングワインダー、アルトベンリー(有ると便利のダジャレネーミング)等のベース用(ギター用は一回り小さいので注意。)が有ると負担はかなり軽減されます。2~10千円?位で楽器屋さんで入手出来ます。
全プラスチック製とシャフト部分が金属製の物が有ります。耐久性と信頼性は金属シャフト物が優りますが高価に成ります(^_^;)
ドラムの皮の張替等では一部専用の電動工具が有りあす。
コントラバスの場合も上記のワインダーを工夫、加工すればイケそうですね。(電動ドリルのトルクとスピードには注意が必要に思います。)

新しい弦はいかがでしょう?
通常、張替てある程度延びて安定して落ち着き、馴染むのに3日~一週間程度掛かります。(^_^;)
この際の音がその弦本来のサウンドに成ります(^O^)

2008/11/08(土) 07:45:06 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
4本張り替えるとなると、本当に大変ですね。
ペグを1回転させても、弦を巻きつける軸がちょびっとしか回ってない事にがっかりしてしまいます。
「アルトベンリー」ネットで調べてみました。
やっぱり考える人って沢山いるんですね。
次回総張替えの際には、こうした器具に頼ってしまうかもしれません。

張り替えた弦ですが、感触も音も明らかに張りがある感じになりました。
張替え作業は大変ですが、張替えてしまえばやっぱり気持ち良いですね。
次回張り替える際には、他の弦にもチャレンジしてみたいと思います。
どうもありがとうございました。
2008/11/20(木) 11:17:38 | URL | ナントハウス家主 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/681-701f5b99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。