ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20081123195115.jpg

左手前腕部の小指側(尺骨側)が軽い筋肉痛になってます。
(そういえば、武豊騎手が尺骨骨折らしいですね・・・、ひどい骨折でないと良いのですが大丈夫でしょうか)
この筋肉痛、アルコでのスケール練習が原因なのは間違いなさそうです。

スケール練習では、E弦開放から半音づつD線のEまで、ドレミファソラシドドシラソファミレドを弾いています。
ひたすらゆっくりロングトーンで弾いているので、全てのキーで1回づづ弾くだけなのですが、丁度30分かかりました。

30分間、ひたすらロングトーンで弾き続けるこの練習、かなり左手に負荷をかける事が出来ているみたいです。
とにかく左手は強化したいですからね。



↓こういう事を書くと、「力では無い!」と怒られそうですが、あえて書いちゃいます。

「左手の握力」と「指ぢから」がめちゃめちゃ欲しいです。
それも、プラス10kgや20kgなんていうレベルではなく、400kgとか500kgといった次元で力が欲しいです。(特に小指!)
これ位あれば、軽?くつまむ感じで、がっちりと弦を押さえられそうですもんね。

まあ現実的には完全に無理な話ですが、多少でも上積みしていけるよう、まだまだ鍛えたいと思います。





ところで、ここ最近は外に向けた動きを積極的に始めてみました。
ここ半年位(もっと?)、充電期間と考えてひたすら家にこもって練習していたのですが、ようやくコードを見て対応していく事が出来始めたので活動開始です。

というわけで、セッション以外にもいろいろと動き始めているのですが、クリアしなくてはいけない問題や課題が次々と出てきました。
なんだか宿題に追われる小学生の気分です。



ただ、こうして課題に追われるというのは、結果的に練習へのモチベーションに繋がるのでいい環境なのかもしれないですね。
ちょっと追い込まれてしまいそうな感じもしますが、前向きに捉えて頑張ってみます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/695-137c78e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。