ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20081202232900.jpg

最近はいよいよ、練習中に石油ストーブを点けはじめました。
最近はなんだか急に寒くなってきましたもんね。

さすがに弾いている最中はストーブをつけていたのでは暑くなってくるので、途中からは上着(?)を脱いでTシャツになってしまいます。
それでも、途中で譜面を書いたり、録音を聴いたりしていると寒くなってしまうので、一応ストーブは点けたままです。

近所の自動販売機で、午後の紅茶(ミルク)を買ってきて、石油ストーブの端っこに置いておくと、練習中もずっと熱々なのがいいんですよね。
石油ストーブ特有の温かさと使い勝手、やっぱり大好きです。





引き続き、ボーカルさんとのセッション用のベースライン作りに悩んでいます。
バンドスコアを結構弾いてみたのですが、やっぱり他の楽器ありきの演奏ですもんね。
先日の自作マイナスワン音源に合わせてみて痛感しました。
特にドラムが無くなるというのが厳しいです。



バンドスコア無視で適当に音を入れてみた場合にも、4ビートであればそれなりに合わせる事が出来ます。
ところが、8ビートでたくさん音を入れようとしたり、変にメロディっぽいフレーズを入れてみたりすると、たちまちリズムが合わなくなってしまいます。

これって、仮に僕がメトロノームを聞きながらリズムを合わせて弾いたとしても、ボーカルさんが同じようにリズムを合わせるのに苦戦すると思うんですよね。



というわけで、キメのフレーズなどを除いて、なるべくきちんと拍に合わせて音を入れるようにすべきだと思うのですが、ロックっぽい感じというのも失いたくありません。

なんだか問題山積になっているので、優先順位をきちんとつけて対応しなくてはいけませんね。
その場合の最優先事項は、ボーカルさんときちんと音を合わせる事が出来るということになるんでしょうね。



なかなかバランスが難しいですが、それ以外の部分で上手く妥協点を探りながら進めてみたいと思います。
コメント
この記事へのコメント
個人的な経験からですが、ボーカルと音を合わせると考えるとうまくいかなかったです。
ボーカルさんはベースのリズムと音を頼りに歌いますから、ベースが揺らぐと厳しい状況になります。
ベースラインはルートと5度だけで構成するのが良いと思います。マイナーコードが出てきた時にだけマイナー3度を入れてあげる。
あと2拍4拍を意識して弾くことで歌い手さんにリズムをガイドしてあげることが出来ると思いますよ。
意識するといっても、2拍4拍を強調して弾くというわけではなく、頭の中で2拍4拍を鳴らして引くと言う感じですね。
頑張ってください!
2008/12/03(水) 10:43:59 | URL | チャダ #-[ 編集]
ボーカルさんとのセッション・・・
練習で誰かさんと合わせられるなら、唄ってもらいながら、唄メロを一緒に弾いて、曲の流れを確実にしておきます(本番で唄メロを弾かなくても。ピッチを確実に)。
自分は、歌詞と歌詞の間を埋めていくように、音を入れていきます(拍ごとに音を出さなくても大丈夫だと思いますけど・・・)。
メロディーから拾ってきた音を使う方がしっくりきた覚えがあります。曲にもよりますが、変に「伴奏」っぽくしない方が良いのでは?
リズムは、ボーカルさんのブレスに合わせる方が良いと思いますよ。まぁ、気心しれた相手じゃないと難しいかも・・・。
2008/12/03(水) 21:08:04 | URL | 卯月 #-[ 編集]
チャダ様

>ベースが揺らぐと厳しい状況になります・・・

これ、めちゃめちゃ心配です。
ボーカルを聞いてしまうと、悪い意味でつきあってしまうというか、流されてしまうんですよね。
気がつくと自分のリズムが狂っていて、結果的にアンサンブルが崩壊するといった感じに陥る事があります。
ボーカルさんとのデュオでも、やっぱり2拍4拍が肝になるんですね。
全て訓練だとは思いますので、少しづつ慣れていきたいと思います。
どうもありがとうございました。





卯月様

本当に練習で常に誰かと合わせられればいいなぁとは思うのですが、なかなか難しいですね。
その結果、自分の歌の録音になってしまってます。
(これがまたいけてないんです)

>歌詞と歌詞の間を埋めていくように・・・

これ、早速試してみます。
これからCメロ部分を考えなくてはと思っていたのですが、それまでの流れもあり、綺麗に拍を刻むのではちょっと違うなぁと感じていたんですよね。
最後の最後に書かれていた、「まぁ、気心しれた相手じゃないと難しいかも・・・」というのが非常に重くのしかかってきそうですが、いろいろともがきながら頑張ってみます。
どうもありがとうございました。
2008/12/08(月) 10:13:40 | URL | ナントハウス家主 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/701-32247043
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。