ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20081203232648.jpg

つい先程まで、FNS歌謡祭とやらをTVで見ながら飲んでいました。
ウッドベースを始めてから、更には自分でメロディを考えてみるようになってからは、なんだか音楽番組の見方が変わってきたように思います。



ウッドベースを始める以前から、音楽関連の番組は好きで見ることが多かったです。
特に、ちょっと遅めの時間にやってるのが好きだったりしますね。
「僕らの音楽」とかは好きで今でもよく見てます。
変わったところだと、今は終わってしまった「ヘビメタさん」なんかがかなり好きで見てましたね。

演歌とベタベタなヒップホップは若干苦手ですが、それ以外であればジャンルを問わず「音楽大好き」な感じが伝わってくる人や番組が好きなんですよね。



以前はこうした番組を、「ノリ」で見たり聴いたりしているだけだったように思います。
見て、聴いて楽しんで、美味しくお酒を飲むといった感じでしょうか。

ところが最近は、メロディやベースの音の動きが気になるようになってきました。
明確に何度で動いているかといったところまでは、今の僕のスキルでは聴き取るのが難しいです。
それでも、音がどう動いているかといった事を聞いて、「へ?」とか「あ?」といった感じで関心している事が増えました。

そんな時は、大抵「すっげ?な?・・・」って独り言を言っちゃってます。
(歳を重ねるにつれて、独り言が増えてきた気がします・・・)

こうした音を、明確に何度といった数字で捉えられるようになると、もっともっと演奏にも活かせるよになってくるんでしょうけどね。
まあ、少しづつ耳も鍛えていきたいと思います。





ところで、本日の練習時間は2時間程でした。
前半1時間がジャズのセッションの課題曲の練習。
後半1時間がボーカルさんとのセッション用のベースライン(伴奏?)作りでした。

写真は改めて参考として聴いてみたボーカルとベースのデュオが入ったCDです。
また、コメントでいただいた皆様からの貴重なアドバイスも、繰り返し繰り返し読ませていただいてます。
めちゃめちゃ苦戦しているので、こうしてアドバイスいただけるのは本当に有りがたいかぎりです。
(皆様いつも本当にありがとうございます。最近はまたしてもコメントのお返事を溜め込んでしまい申し訳ありません。近日中にお返事を追いつけるよう頑張ります)

本当に苦戦しながら試行錯誤していますが、この経験というのはすごく貴重ですね。
今回のセッションでどこまでまとめられるかは解りませんが、たくさんの事を得ることが出来ています。
セッションの日が決まっているために、精神的にも追い込まれて集中出来るのもいいですね。
(ちょっと苦しいですが・・・)



今から頑張って、来年はこうしたセッションでも楽しんで自由に音を出せるようになれたらいいけどなぁ・・・
コメント
この記事へのコメント
ボーカルさんとのセッション
ロックって、どんな曲ですか。

セッションだったら、あんまし練習していかないほうがいいかも。
練習してきたことを弾こうとすると、ボーカルさんが聞こえなくなりますからね。
コード譜のややこしいところを予習する程度にしておいたほうが良いかも。

リズムはボーカルさんに合わせる必要はありません。 あっちは勝手にタメたり、もたったりしますので、テンポの参考にはならないですから、あくまで自分でキープしてください。

ロックやるんだったらスラップ覚えておくと役に立ちます。
2008/12/04(木) 01:06:33 | URL | こでら #e/PR8CMk[ 編集]
二拍四拍等にスネアー代わりに軽くボディをノックも効果的。

『相手のフレーズは聞いてもタイムは聞くな!』がリズム屋の原則ではないかと。
2008/12/06(土) 21:30:10 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
こでら様

今回は天野月子さんという人と、COCCOさんという人の曲を合わせてみる事になってます。
本当は練習なんてせずに、「一期一会の音です」とばかりに弾いてみたいんですけどね。
今の僕の実力では、これだとアンサンブルが成り立ちそうにありません。

>あっちは勝手にタメたり、もたったりしますので・・・

こう言ってもらえると、ちょっと気が楽になりますね。
ただし、ドラムレスでのリズムキープの難しは痛感させられてます。
スラップも、映像を見ると凄いなぁと思ったりするので、いずれは取り組んでみたいと思います。
どうもありがとうございました。





モリ@ベース様

>『相手のフレーズは聞いてもタイムは聞くな!』

これ、すごくシンプルなようで、めちゃめちゃ難しいですね。
本当、自分でも情けなくなるくらいに相手のフレーズに引っ張られてしまいます。
いつ何時でもブレない、強い心と技術が欲しいです。
2008/12/08(月) 13:47:39 | URL | ナントハウス家主 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/702-48344ea2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。