ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
kennbannzu.jpg
(↑クリックすると拡大)

7thコードについて、主に覚えなくてはいけないのは以下3つだそうです。

Dominant 7th
Major 7th
Minor 7th

それぞれの違いは、各構成音間の度数です。

Dominant 7th→長三度、短三度、短三度
 例)C Dominant 7thコード→C、E、G、B♭

Major 7th→長三度、短三度、長三度
 例)C Major 7thコード→C、E、G、B

Minor 7th→短三度、長三度、短三度
 例)C Minor 7thコード→C、E♭、G、B♭



あの?・・・
咄嗟に長三度とか短三度とかって、計算なんか出来ないんですけど・・・
(上の説明を書くのにも、写真の鍵盤図を見ながら指で数えてました。)



これって、みんな耳で覚えているんでしょうか?
それとも丸暗記?!

僕はまだまだしばらく、覚えられそうにありません。
コメント
この記事へのコメント
コード構成音の覚え方
初めまして。
JAZZ のカテゴリを見てて訪れました。

自分はウッドベースではなくエレキベースを弾く者ですが、
ウッドでもエレキでも理屈は同じなので、
僭越ながらコメントさせていただきました。
(ウッドベースをさわったことはあって、弦の構成も把握してます)

ベースを弾く場合、度数を計算する必要はなく、
指のポジションで覚えるのが一般です。
鍵盤楽器ですと、キーが変わると指の形が変わってしまいますが、
ギターやベースなどの弦楽器の場合、
一つのキーで Minor、Major、Dominant の指の位置を覚えてしまえば、
あとは、そのポジションを平行移動すれば全てのキーで適用できます。
よって音名を覚えるよりも先に、弾けるようになると思います。(^^)

理想は音名もしっかりと覚えていることですが、
プロでも音名を瞬時に答えられる方は一流の方のみですし、
音名を覚えることに固執しなくてもいいとは思います。
それでも覚えたいという場合は、
指のポジションを覚えていく上で、「なんの音か」を意識しながら覚えれば、
机上で計算して覚えるよりも早く覚えられると思います。
かく言う自分も・・・答えるのに数秒の間がありそう(^^;;
練習の一助になれば幸いです。
2006/07/30(日) 14:06:49 | URL | Penguinland #-[ 編集]
Penguinland様
ご訪問ありがとうございます。
指の形・・・!!!
すごいですね!!!!!
ありがとうございます。
本当助かります。
目からうろこでした。
そう言われてみると、以前に見たウッドベースのDVDでちょっとだけ触れていたような・・・
きちんと調べて、弾き方メモカテゴリーにアップしてみます。
本当にありがとうございました。

2006/08/01(火) 15:50:48 | URL | ナントハウス家主 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/71-46708399
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。