ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20081221222737.jpg

決して無事とは言えませんが、とにもかくにもセッションが終わりました。
3時間程のスタジオ入りの間で、途中1回の休憩を挟み、1曲を2?3回づつのペースでひたすらセッションを続けました。

ライブハウスのセッションに参加する場合は、2?3曲弾いたら交代してを繰り返しますよね。
こうしてひたすら弾き続けるという経験は僕にとって始めてです。



今回集まったメンバーは、管2名、ピアノ1名、ドラム1名+僕です。
わかりきった事ではありましたが、案の定僕が一番経験が少なく、技術的にも未熟な状態でした。
(冷静に見てぶっちぎりです・・・)



3時間のセッションは僕にとって、本当に辛くて苦しい時間であったのは間違いありません。
だけどこの時間は僕にとって、とても貴重でありがたい時間でもありました。

また、これまでのセッションは辛いばかりでしか無い時間だったのが、今回は周りの皆様のおかげもあり、はじめて楽しいかもしれないと思える時間でもありました。





今回も僕は、ロストしまくりました。
また、細かい間違いは数え切れないほどあります。
(3度の音の、メジャーとマイナーなどは呆れる程間違えてます・・・)

それでもベースは僕1人なので音を出し続けるしかないわけですが、その中で今回ばかりは本当に勉強させてもらう事が出来ました。
理論的な事というよりも今の僕が、今の実力の中で、現場で対処していくためのまさに実践的な方法ですね。



せっかくなので今回感じた、注意点や僕が現場を乗り切るためのポイントになりそうな事を書き出してみます。



◆ロストした際、やみくもに適当なコードから復帰しようとすると、僕の進行が間違っていても他のメンバーさんが僕の進行に合わせる事になってしまう。
(超要注意!この点は今回の最重要課題です)

◆ベースソロでロストした場合、8小節目、16小節目、32小節目といった節目の前後(特に前2?3小節)さえ合わせれば、他の皆さんがなんとかしてくれる。(不謹慎ですみません・・・)

◆ベースソロでドロドロズルズルになってしまっても、ラスト4小節でコード感をしっかり出して4ビートを刻む事さえ出来れば、ソロを脱出できる(救出してもらえる)可能性が高い。

◆同じコードが続く場合(というかBye bye black birdの冒頭F5個)、Fを何回弾いたか解らなくなってしまってロストにつながるので、|F|C7|F|C7|F|に最初から置き換えて譜面に書き出してしておくとよい。

◆ラテンのリズムをボサノバ以外にも引き出しとして持っておくべき。



このあたりが、今回僕が感じた大きなポイントです。
だけど改めて↑を文字にしてみると、なんだか最低ですね・・・
とはいえ、これって今の僕にとっては本当に大事な事のように思えます。

せっかくの良い経験だったので、こうして経験出来た事をしっかりと念頭に置いて、今後の練習を組み立てたいと思います。





改めまして今回ご一緒させていただいた皆様、本当にありがとうございました。
また来年以降もお願い出来るようであれば、地道に頑張ってみますので是非宜しくお願いします。



(写真はまったくもって無意味です)
コメント
この記事へのコメント
お疲れ様でした~♪
こんにちは。
土曜日テナーを担当したSです。

旦那さんにブログを教えてもらい
ました。

先日はお疲れ様でした。
セッションは久しぶりでしたので、
僕もテーマを間違えてたりしてまし
たけど、楽しい練習会でした。

凄くリラックスした練習会だった
ので、良かったです。これから地味
ーに末永く練習させていただければ
と思います。

ライブとかにも行きましょうね~!
例の濃いDuoライブしか演らない所
とか…

今後共宜しくお願いします!
2008/12/22(月) 09:36:41 | URL | 旧ケン・ザウ #-[ 編集]
旧ケン・ザウ様

かなり遅くなってしまいましたが、改めまして先日はご一緒させていただき本当にありがとうございました。
(返信が遅くて申し訳ありません・・・)

僕にとってはとても貴重な経験を積ませていただける場になりそうで、本当にありがたい限りです。
設立の趣旨にありました「音での会話」が出来るようになるよう頑張っていきたいと思います。
お話にありました小さいライブハウスでのDuoのライブも、是非楽しみにしてますね。

ではでは、こちらこそ今後とも宜しくお願いします。
2009/01/13(火) 03:09:38 | URL | ナントハウス家主 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/715-a1f67896
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。