ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20090124234357.jpg

風邪をひいたとか、腹の調子が悪いといいつつ、本日は遅めの新年会でした。
午前中に用事を済ませ、一休みした後に1時間程ウッドベースを弾いてから出かけました。

以前の会社で一緒だった方3名でのプチ新年会だったのですが、他2人はバリバリの音楽家です。
1人は20代後半で音楽専門学校出身、現役バリバリのメタル系です。
もう1人はビートルズをこよなく愛する、ドラム歴約30年の大ベテランさんです。

ジャンルは違っても、音楽の話で飲めるのは楽しいですね。
しかもぶっちぎりキャリアの浅い僕にとっては貴重な話ばかりです。

この1週間、風邪で腹の調子が悪かったにも関わらず、ついつい結構な量を飲んでしまいました。





ところで、最近見つけた動画↓です。

http://jp.youtube.com/watch?v=FNzZWRtUCD8



Marco Panasciaさんという方のBye bye black birdです。
このドシンプルなアレンジいいですね。
特に頭のテーマ部分は音数も超少ないので参考になりそうです。

更にこの人の、右手のフォームに興味津々です。
2フィンガーでのピッキングである上に、律儀(?)に薬指と小指を折りたたんでいるところが、そのまんま今の僕のピッキングの形なので気になったんです。

一番最初に習った際に右手のこの形を教わりました。
だけど、実際こうして2フィンガーで薬指と小指を折りたたんだピッキングの人って結構少ないんですよね。

右手を開いた状態でピッキングしているのをよく見かけるので時々真似してみるのですが、指を開いた途端に、慣れていないせいか全然指が動かなくなってしまうんです。



前半の超シンプルな演奏から、後半へかけて徐々に音数が増えていくので、すごく観察(?)しやすいのがいいですね。
細かいフレーズのピッキングや、E線のピッキング方法なども含めて、じっくり研究してみたいと思います。



それにしても、こうした映像が簡単に手に入るって便利な時代ですよね。
コメント
この記事へのコメント
右手のかたち
わんばんこ。
僕の右手は、開いたままというか、指4本をくっつけたままで弾いてます。
これは、なるべく重たい物体で弾いたほうが音が良い気がするからで、指だけでなく、手首全体の重さで弾くようにしてます。
だから、完全ワンフィンガーなので、超高速ハードバップなんかは不得意です。
2009/01/27(火) 01:15:40 | URL | こでら #e/PR8CMk[ 編集]
こでら様が仰るように、セッションやライブなどで見るベーシストさんのフォームを見ていても、右手を開いて演奏していらっしゃる方がほとんどなんですよね。
(皆さん指を閉じていたかどうかまでは意識していませんでした・・・)
僕も指を開いたフォームを試してみた事があったのですが、慣れないせいか物凄くぎこちなくなってしまうので結局止めてしまいました。
まだまだ力が入っていたり、演奏に余裕がなかったりするのも、フォームの修正をしにくい要因だったりするんでしょうね。
ちょうど今、右手のフォームについていろいろ考えてみているのですが、腕の重さではなく、こでらさんの仰る手首の重さというのは参考にしたいです。
手首から先の動きについていろいろと試しているので、是非感覚として掴んでいきたいですね。
どうもありがとうございました。

2009/02/25(水) 19:59:31 | URL | ナントハウス家主 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/738-8737d1cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。