ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20090127144042.jpg

先日の日記で紹介したBye bye blackbirdのベースソロ動画ですが、リンクが貼れてなかったですね。
というわけで、改めて↓がyoutubeの映像です。

Bye bye blackbird/Marco Panascia⇒

先日の日記でじっくり研究してみるといった事を書きましたが、ただ映像を見ていても仕方なさそうなので、久しぶりにコピーしてみる事にしました。
中盤以降は難しいとしても、前半部分までであればなんとかなりそうですよね。

しかも今回はCDの音源をコピーするのと違って、映像があるのがこころ強いです。
更に、基本はBye bye blackbirdのメロディなので、基本の音は青本を見ればわかります。



これだけ恵まれた条件であれば一気にコピー出来ちゃうかも?!と思ったんですが、なかなかそうはいかないですね。
本日はじめたコピーの作業では、テーマに入る前のイントロ部分だけで1時間以上費やす事になりました。

それでも、左手のポジションや振動する弦などを手がかりにしながら、それっぽい音は見つけることが出来てきています。
この調子でそれなりに弾けるようにしていきたいですね。





ところで、今回の演奏ではスライド(グリッサンド?)が結構使われています。
以前に少しだけ練習した事はありましたが、その後はほとんど行う事がありませんでした。
今回はイントロからしっかりスライドが出てきているので、久しぶりにチャレンジする事になりました。

しかし以前もそうでしたが、この練習って指へのダメージがかなり大きいです。
ちょっと繰り返しただけで、たちまち指先が痛くなってきます。

しかも、金属製のワイヤー(弦)を押さえて擦るわけですから、確実に指先の皮も削れてそうです。
こんな事繰り返してたら、そのうち骨まで見えてきそうな感じです。

これって、あせらず少しづつ練習するしか無いんでしょうね。





数少ない僕のレパートリーの中で、もっともセッションで弾きたくなかったBye bye blackbirdですが、こうして練習していると少しだけ愛着が沸いてきますね。
同じコードの連続に対してはまだまだ抵抗がありますが、こちらにも少しづつ慣れていきたいと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/740-bdff6ec6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。