ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090225_003235_ed.jpg

中国製の低価格弦のサンプルをいただきました。
どんな弾き心地でどんな音がするのかといった事を、せっかくなので試してみたいところではありますが、やっぱり簡単には踏み切れないですね。

別に中国製だからとか、安いからどうといった事では無いんです。
とにかく弦を張り替える作業が苦痛なんですよね・・・

ちなみに4本弦を張り替えるためには、いったい何回ペグを回す事になるんでしょう??
数えた人っていないのかなぁ・・・





最近はすっかりyoutubeの音源に合わせての練習が定番になってます。
いろいろな曲を、いろいろなバリエーションですぐに探せるのって便利ですね。

こうして適当に演奏を選びながら弾いていると、テンポの速い曲がけっこう出てきます。
以前から書いていますが、今の僕はテンポが250位になってしまうとかなり厳しいんです。



右手のピッキングについて、ウッドベースを始めた当初から腕の重さを使って弾くといったアドバイスを大勢の方からいただいています。
実際今の僕は、完全に右腕の重さを使って弾いている状態だと思います。
ただし僕の場合は、ピッキング動作が大きすぎるのが良くないんですよね。

テンポ180位までで、4ビートを刻むだけであればこの弾き方でも別に問題無いんです。
だけど、それ以上早くなってくると右腕が辛くなってきます。

仮にテンポ240とすると、単純計算で1秒間に4回も弦をはじく事になりますよね。
そうなると、腕の重心を上下に移動させてしまったのでは物理的に問題があるように思っています。
実際いろいろな演奏を見ていても、右手上腕部(2/25訂正→×上腕部、○前腕部)は皆さんほとんど動かないんですよね。

というわけで最近は、手首から先の使い方が重要になるだろうと思い、いろいろな映像を見ながら研究している最中です。



ちなみに先日、クラッシックのオーケストラでのコントラバス奏者のピッキングも見てみたのですが、ジャズの人達とはまた違った感じでした。
バイオリンのピッチカートと同じように、弦を引っ張ってはじくような感じだったんです。
更にピッキング位置もジャズ奏者と比べると、指板の上の方を使っていました。

3人いたコントラバス奏者が3人ともにそんな感じだったので、個人差という事では無さそうです。
それとも曲によってはジャズ風(レイブラウン風?)のピッキングになったりもするんですかね?



こういうのって、映像を見てというのと合わせて、実際に感覚としてつかまなくてはいけない部分も多いでしょうから、これについてもまあ焦らずにいろいろ試してみようと思ってます。
コメント
この記事へのコメント
ピチカート
ジャズベースのピチカートは、指を手前の弦に当てて止める「アポヤンド」が主流ですが、クラシックでは、弦をはじいた指を宙にうかせる「アル・アイレ」が普通です。
根本的に奏法が違うのです。

ベースにしろヴァイオリンにしろ、本来は擦弦楽器ですから、弦をこすって(擦って)音を出す楽器です。
ピチカートてのは、擦弦楽器にとっては、ある種の特殊奏法なのです。
なので、サスティン(音の延び)を求める箇所でピチカートを使うことはほとんどないです。ジャズのそれとは別物と考えるのが正解かと。

曲によっては、速いピチカートフレーズがありますが、大概のコントラバス奏者はアル・アイレで済ませてますね。そもそも、クラシック奏者が2フィンガーで弾くこと自体まれなので。
2009/02/25(水) 02:36:17 | URL | 松 #-[ 編集]
クラシカルピチカートは松#さんのおっしゃる通りです。
近頃は疎遠に成りましたが、
自分はクラシカルピチカート(弓を保持)は円運動の最低辺の直前でヒットする様にしています。(縦に弦を振動させ、裏板を効率的に鳴らすため)



弦を張替るのはホントに大変ですね。
ギアーが遅いので尚更です。
弦の張替には、『糸巻き器』、『ストリング・ワインダー』と言う小道具をオススメします。
これを使えば、糸巻きの労力とスピードは1/4以下?に軽減します。
コントラバス~エレキベース用が2000円位~あります。
エレキギターやドラムの皮の張替には電動モノまでありますが(^-^;
2009/02/25(水) 11:27:12 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
松様

やっぱり奏法自体が違うんですね。
ウッドベースを始めた頃に「アル・アイレ」という奏法があるというのをすぐに教わりましたが、クラッシックの人達がそうだったんですね。
ちなみに最初に教わった先生はクラッシック出身だったようなのですが、「クラッシックのピッチカートでは2本ではじくから、まずは2本で始めてみていいんじゃない」と教わったんです。
これもいろいろあるって事なんですね。





モリ@ベース様

「ストリング・ワインダー」、次回弦を張り替える時には入手しようかと思っています。
だけどしばらく張替えは遠慮したですね。
弦を張る作業の前に、今使っている弦を外すだけでヘトヘトになってしまうんですよね。
更に欲を言えば、電気ドリルの先につけるアダプターが欲しいと思ってます。
(そうなると、ヘッドを壊してしまいそうで怖い気もしますが)
2009/03/19(木) 10:53:53 | URL | ナントハウス家主 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/761-b9cc6711
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。