ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090226_000943_ed.jpg

久しぶりにmichiさんのテキストを読ませてもらってました。
このテキスト、以前も借りた事があったのですが、「他の楽器でも使える」といった事が前書きに書いてあるのが魅力を感じてしまうんです。

だけど結局、最初の方はなんとなく判ったんですが、中盤位からはよくわからなくなってやめてしまいました。
ちょっと本を読んですぐにアドリブが出来るようになる程甘くはないといった感じですね。





昨日右手のフォームについて少し書いてみましたが、もちろん他にも困った事はいろいろとあります。
そんな中で、音の粒が揃わないといった事も結構問題だろうと思っています。

管楽器さんがたくさんいるような構成の爆音の中で、思いっきりフルスイングで4ビートを刻んでいる時には問題無いと思ってます。
だけど、静かな曲の中で抑え気味に演奏する際や、オルタネイトでフレーズを刻む際などはかなりムラがあるように思います。



まず控えめに弾く際ですが、特にテンポが遅くなる程粒を揃えるのって難しいですよね。
静か?に弾いている中で、時々「ボーン!」と派手に音が鳴ってしまう事が結構あるんです。
恐らく弦に指がひっかかりすぎてしまって強い音になってしまっているんだと思うのですが、このコントロールってかなり難しいですね。


また逆に、オルタネイトで刻む時には、音が小さくなってしまうのに困ってます。
強い音を出そうとすると指が動かなかったり、弦をはじききれなかったりしてしまいます。
かといってフレーズを弾く事ばかりに意識がいくと、どんどん音が小さくなってしまうような気がします。

最近はボサノバを練習に取り入れる事が多くなりましたが、ボサノバのラインでは8分音符が結構出てくるのでオルタネイトにしてしまっている事が多いです。
そうすると如実に音が小さくなっているのを感じます。


太い音が好きで、ウォーキングでも2フィンガーで弾くようにしていますが、オルタネイトになった時の音のしぼみ具合はかなり問題ですね・・・
ウッドベースを始めた頃から、「音の粒を揃えるのが難しい」といった話を耳にする事がよくありましたが、僕もようやくこの難しさを肌で感じる事が出来るようになってきたという事でしょうか。
(プラス思考?!)





以前から何度も書いてますが、指をバラバラに動かしても難なく弦をはじけるだけの指力(ゆびぢから)が欲しいですね。
希望を言わせてもらえるなら、握力で300kg位(?)といったところでしょうか。
こういった事を書くと、「力じゃない!」と怒られてしまいそうですが、あっても困るものでは無いですもんね。

エリックファミリーの鉄の爪、憧れます。
(僕は息子のケビンを見ていた世代です。)
コメント
この記事へのコメント
ピチカート始め奏法には様々なスタイルがあり、また、個々各々がその基本スタイルから大なり小なり、
自分自身の体格や楽器セッティングに合わせてアレンジしています。(アレンジが必要)
という前置きで、僕の場合はウッドベース/コントラバスを始めたのが20代後後半で、エレキベースからのスイッチ組です。
かなり遠回りの苦労をしました。
楽器は地元のLM楽器店でS木の#92をゲット。
専門店では無いので当然、未調整。弾きにくい、鳴らない、音悪いの大定番でした。
無知から、いじればいじる程状態が悪化して嫌悪感を抱いていた時に、
あるリペアマン(本職はバイオリン~チェロメーカー)と知り合い、
調整(駒換え、弦高、魂柱調整他)をお願いしたら、全く別物になって帰って来ました(驚。喜!)。
初めて調整の重要性を認識しました。
以降、何かしら有れば通って(入り浸り?)いました。
(八年程で駒は5枚、魂柱は2~3本!)

奏法や練習方法等も、なにもかも分からず、
先生や目標となる先達がいない環境で、
当然、自己流の無手勝流でした。
もし、レッスン等体系立って効率的にやって居れば、
もっと早く(ソッコー)習得出来た?で有ろう項目も多々ありました。
一つ重要なポイントは、
身体が悲鳴をあげる(故障)たり、付随して音楽的に問題が生じた時は、
奏法、取り組み方に問題点が有る。と思い、
原点以前に立ち返りやり直すのを厭わない事です。
『全ては、思いのママ自由に音楽で他のプレーヤーと会話する為に有ります。』
そのために、タマタマこの困難極まりない楽器を選んだのが身の定めです。
やり方は自由ですが、これだけは肝に命じているのが
『どんと・ふぉー・みー。フォー・ザ・グッドミュージック!フォー・ザ・バンド!』を忘れては本末転倒で、
この楽器の意味がありせん。
練習の為の自己満足の練習に為らない様に、本番を意識、想定しつつ仕上げていきます。
(努力は自分。評価は他人!が世の常です)
『スイング(グルーブ)しなけりゃ帰って家で寝とけ(邪魔だからイラネェ)』
が、ベースに対する本音と知りましょう。

ガンバリます。

2009/02/26(木) 18:32:34 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
>八年程で駒は5枚、魂柱は2~3本!

これって凄くないですか?!
自転車に乗っている頃に、確かにパーツを変える事で明らかにロスが減るという物はありました。
(そうで無い物も多くありますが)
きっとそういう事なんだろうなぁとは思うのですが、それにしてもこの数字って凄いですね。

定期的に先生に習わなくなってから半年以上経っているので、そろそろ不定期でも構わないので習いに行くのもいいなぁと思ってます。
(そう思ってから行動までがおそかったりもしますが)

>どんと・ふぉー・みー。フォー・ザ・グッドミュージック!フォー・ザ・バンド!

これ、しっかり覚えておくようにします。
2009/03/19(木) 11:06:14 | URL | ナントハウス家主 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/762-2253d3ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。