ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090228_000947_ed.jpg

ボサノバの練習量を増やす中で、同じ曲でもいろいろなアレンジに合わせてみています。
そんな中で見つけた↓のFly me to the moon、普通(?)のボサノバのアレンジとはちょっと違った雰囲気でなんだか好きです。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序のPV「Fly Me To The Moon」⇒





先日も日記に書いたとおり、ボサノバの練習を増やしている関係で、オルタネイトで弾く機会が増えています。
8分音符はよっぽどテンポが遅くない限り、ほとんどオルタネイトにしてしまっています。

そのせいだと思うのですが、最近は連日右手中指の先に痛みがあります。
2フィンガーで4ビートを刻む時と、オルタネイトで弾く時とで、指先が弦に触れる場所が微妙に異なるんですよね。
そのため、普段の4ビートでは弦にあたっていなかった部分にマメが出来た時のようなヒリヒリした痛みがあります。

更に弦をはじく際に微妙に指先の皮が引っ張られた感じになって、少し皮がたるむ部分が出来ますよね。
この部分にも何故かヒリヒリした痛みがあります。

どちらも練習出来ないほどの痛みではないので、なんだか指先が鍛えられている感じでむしろ嬉しい感じがしますね。



ところでこれまでに先輩ベーシストさんから、弦をはじく右手や弦を押さえている左手の指先が発達して大きくなっているのを見せていただいた事が何度かあります。
だけどあらためて自分の指先を見てみると、なんだか特に目立って大きくなっている気配がありません。

左右の小指を比べると、明らかに左手の方が太くて長いです。
だけどこれ、ウッドベースを始める前からこうなんです。

他の指については左右でほとんど違いが無いのですが、3年程度ではたいして変化しないんですかね・・・





あまり極端に変化されても困りますが、かといって変化が無いのもなんだか寂しいです。
コメント
この記事へのコメント
エヴァンゲリオン
これは世に言う「ハーフタイムシャッフル」てやつですね。通常の4ビートでは8分音符を跳ねますが、この場合は16分音符を跳ねます。ソウル、ファンクではよくあるリズムで、ボサノバとは全くの別物です。

僕はエレベ上がりなもんで、最初からオルタネイトでした。そのせいか、二本の指で一度に弦をヒットする感覚にはなじめません。
いわゆる4ビートのラインを刻むのも、人差し指と中指をほぼ交互に使っております。

2フィンガーを貫くのもひとつのスタイルだとは思いますが、昨今の音楽事情を鑑みると、難しいことと思われます。オールドスクールな2フィンガーに妙な思い入れがないのであれば、オルタネイトを標準として考えたほうが演奏の幅が広がると思いますよ。
はなからそのつもりで取り組めば、オルタネイトでも音を太くする手立てはいくらでもあります。
2009/02/28(土) 01:46:55 | URL | 松 #-[ 編集]
自分もエレベ~ウッド組ですが、先祖返り?で
エレベでsteadyな4BeatJazzのベースライン(ウォーキング~ランニング)を刻む際、
オルタネートではなく、主に、人差し指でのワンフィンガー・スタイルでやる方が音の粒が揃い易く、スウィングしやすく成る様です。
生徒たちにもその様にアドバイスしています。
お試し下さい。
2009/03/01(日) 12:14:28 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
蛇足のウンチクですが、
エレキベース黎明期の初期のR&B系ベーシストにはワンフィンガースタイル(親指!人差し指。)の方々が多くいた様です。
フィンガーレストが変な場所に有ったのが査証。
(ウッド揚がりが多くいました。)

ウッドのオルタネート~トリプレット(3フィンガー)・ピチカートの際にも指~握力だけでは無く、腕からの荷重が指先に架かる様にすれば良いかと。
2009/03/01(日) 12:42:29 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
松様

>16分音符を跳ねます

まだ僕にはこの感覚というのがわからないです。
いろいろ聴いて少しづつ意識しながら、こうしたリズムの違いを正確に把握出来るようになりたいですね。

ピッキングについて、2フィンガー以外にも指先で弾く弾き方や、人差し指の側面で弾く弾き方など、いくつかパターンを教わりました。
だけどやっぱり、2フィンガーで弦をはじいた時の音が一番好きなので、今でもこの方法を続けてみています。
ライブなどでベーシストさんの演奏を聴かせていただいても、やっぱり野太い音が好きなんですよね。
(本当に野太い音が出てるベーシストさんって、結構少ない気がします)

最終的な到達目標としても、プライオリティは音数よりも、好きな音を上にしたいと思っているので、せっかくアドバイスいただいたにも関わらず恐縮ですが、当面は基本2フィンガーを続けてみようと思います。





モリ@ベース様

>音の粒が揃い易く・・・
これは確かに凄くわかる気がします。
特にオルタネイトの音が萎んだ感じに聞こえてしまうので難しさを痛感しています。

ただ、松様へのコメントにも書いたのですが、やっぱり出てくる音が1フィンガーよりも2フィンガーの方が好きなんですよね。
表現が難しいのですが、1フィンガーの音が「ビン~」だとすると、2フィンガーだと「ブン~」といった感じでしょうか。
(表現出来ていない気もしますが・・・)





こうした皆様からのアドバイスに背いて、わがままを言う分、苦戦する事も増えている気はしますがもうちょっと頑張ってみようと思います。
皆様いろいろとアドバイスありがとうございました。
2009/03/22(日) 01:20:48 | URL | ナントハウス家主 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/763-9568e034
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。