ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090302_234748_ed.jpg

最近どうも右手中指にヒリヒリした感じが続いていたのですが、ちょっと悪化してきているようです。
特別練習量が増えているわけは無いんですけどね。

ちなみに練習時間は、本日が約80分、昨日が2時間ちょっとといった具合です。
特にマメなどが出来ているわけでは無いのですが、練習に影響が出かねないのでちょっと気をつけておかなくてはいけませんね・・・





ところで唐突ですが、最近見つけたSt. thomasなんですけど、これかっこよくないですか??

St. thomas/リコーダーとベースです⇒

リコーダーでこれだけ吹けたら素適ですし楽しいでしょうね。
小学校とか中学校の時って、リコーダーなんてこれっぽっちも魅力を感じなかったのに不思議です。

最近いつも感じるのですが、この映像のリコーダー以外にも、ハーモニカとかピアニカなどの、子供の頃に触れた事のある楽器でかっこよく演奏しているのを見るとなんだかワクワクします。
子供の頃に持っていたイメージとのギャップがいんでしょうね。



ところでこのベースのリズム、なんとなくよく耳にするような気はしますが、少なくとも僕は今まで練習した事が無いリズムだと思います。
せっかくなのでなんとなく真似してみたのですが、なんだかしっくりきません。
僕の出す音(リズム)だと、イマイチのれない感じなんです。

このテンポでは繋ぎのタカタカ(?)までは指が動かないのでともかく、基本のリズムになっているタータカ、タータカのリズムはなんとかマスターしたいですね。




ボサノバもそうですが、ラテン系の曲ってリズムがいろいろあるので最近ちょっと楽しく思えてきました。
いろいろなリズムに取り組みながら、リズムを細かく捉えられるようになっていきたいですね。



リズム職人への道はなかなか険しそうですが頑張ります。
コメント
この記事へのコメント
St. Thomas
これはサンバですね。
「ターンタ」の「ン」のところにゴーストノートを入れてるだけです。
もともと、サンバやボサのベースラインのパターンは、サンバで使う打楽器、スルドのリズムを模したものです。で、そのスルドのパターンですが、「ドッツトトーーン」てな感じなので、彼のラインはよりサンバ的とも言えますね。

ただ、僕のようなラテン界の人間から言わせると、いわゆるラテン音楽とブラジル音楽は全くの別物です。ジャズミュージシャンが「ラテン」と言うときはほぼサンバなりボサノバなのですが、歯がゆくて仕方ありません。
いや、ブラジル音楽も大好きですが、一緒くたにしちゃうのはどうかと思うのです。日本民謡と朝鮮民謡をごっちゃに語るような乱暴さを感じてしまって…

ラテンにしろブラジルにしろ、面白くて奥が深いっすよ。
ジャズメンの「なんちゃってラテン」じゃなく、ぜひ本物を聴いてくださいな。
2009/03/03(火) 21:45:58 | URL | 松 #-[ 編集]
たっぷり、ゆったり、しかしスピーディー!
遷都藤益はいわゆる『カリプソ』で
ボサノヴァやサンバとは別物です。
自分は、ラテン系では裏の引っ掛けはあまり入れずに、二分音符シロタマ系主体で演奏しています。
リズムの主体はタイコ屋サンに丸投げ!(^_^;)状態の方が上手く行く場合が多い様です。
特に裏拍の♪が合わない場合(結構多い)は尚更で、
小技は使わず、大きく、単に二分音符系の基本ビートをシッカリキープで
スピード感とゆったり、たっぷりを勘案、担保しています。
2009/03/04(水) 22:31:14 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
誤解を恐れた追記
通常、St.Thomasはカリプソですが、この動画についてはそうではないこと、モリ@ベース様も同意の上の書き込みと解釈してよろしいですよね?

ひとつ反論させていただくと、ある種のラテン系(この括り方嫌いなんですが)音楽では、アンティシペーションやシンコペーションは、小技でもなんでもない常套句です。
「サルサ」や「ティンバ」では、いわゆる基本ビートはリズム体全員で作るもので、ベースが拍頭を弾かないことでドライブ感を出します。
サルサなんかで、トリッキーな演出として、あえて二分音符で弾くシーンもありますが、それを基本パターンにすることはないです。
もちろん、二分音符を主体にする類のものも多数あるんですが、一般論としては成り立たないので、そのあたりの誤解を避けたいと思って書き込みました。

…すんません。根がラテン屋なもんで、熱くなりました。不適切なら削除してください。
2009/03/05(木) 23:26:04 | URL | 松 #-[ 編集]
セントトーマス君
ありがとうございます。
基本、自分含め周りがジャズ系なモノで・・・
猿左、他はなんちゃってですが、頭抜きの例の基本パターンは留意しています。てか、好き放題ヤッテます(^_^;)
『せんととーます』のオリジナルのカリプソのノーテンキな雰囲気が好きなモノで。(^_^;)
テンポアップやリズム変更でオリジナルの本来の雰囲気が変わるのはどうも苦手(やりますが)で。(^_^;)

2009/03/05(木) 23:56:44 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
トーマス
トーマス君、機関車の彼も脳天気なイイヤツですからねぇ…
俺もオリジナルのあの感じ大好きです。俺がやるときはラテンジャズ方面にぐいぐい持っていきますが。

オリジナル・ヴァージョンを尊重しつつも偏重しないのがジャズだと思ってます。個人的な修行としてはもちろん完コピもしますが、人前で演奏する際には何かしら「俺らしさ」を出したいすね。

何でも消化できるのがジャズだと思います。何を食べてもおなかをこわさないなら、それぞれをきちんと味わうのが料理人に対する礼儀かと。

ラーメン、アンパン、その他諸々、我々日本人は他国の文化を吸収昇華することについては長けております。えーと、言い過ぎました。

ま、あれです。ラテンはジャズの一分野ではないのです。
…あ、結局、これが言いたかったみたいです。
2009/03/06(金) 01:30:41 | URL | 松 #-[ 編集]
松様

>「ターンタ」の「ン」のところにゴーストノートを入れてるだけです・・・

いつもながら貴重な情報をありがとうございます。
ゴーストノートって、概要だけ教わった事はあったのですが、まともに練習した事がありませんでした。
最近購入したテキストでもゴーストノートを使ったフレーズが多用されていたりするので、ちょっと練習してみようかと思っていたところなんですよね。
だけどミュートしながら音を出すって慣れないとなんだか難しいですね。

>「なんちゃってラテン」じゃなく、ぜひ本物を聴いてくださいな。

本物と呼べるようなライブって確かに行った事が無いですね。
以前にトニーガッピーさんはライブで見たのですが、バックは皆ジャズ屋さんでしたからね。
(めちゃめちゃ素適でしたけど)
ベーシストということだと、高橋ゲタ夫さんは何度かライブに出かけさせてもらいましたが、やはりライブ自体がラテンでは無かったんですよね。

>ラテンはジャズの一分野ではないのです。

これ、ちゃんと頭に入れておくようにします。





モリ@ベース様

セッションの現場で、「あっ、これはなんだかラテンぽいっ!」と感じる事が時折あります。
明らかにボサノバとは違った感じだったりするんですよね。
そうなってしまった際、僕にはボサノバ以外ではテキストに載っていたカリプソのリズムしか引き出しがありませんでした。
そこで、松様の仰るラテンとは違ってしまうのかもしれませんが、2分音符でゆったりたっぷり作戦で乗り切れるのであれば是非試してみたいと思います。
(このリズムは「○○」がわかればもっと良いのでしょうけどね・・・)
どうもありがとうございました。
2009/03/22(日) 11:40:15 | URL | ナントハウス家主 #-[ 編集]
ゲタ夫さん
間違いなく、当代きってのラテンベーシストです。日本一ルートを弾かないベーシストとしても名高いですね。
いわゆるラテンに心奪われて、最初にコピーしたのがゲタ夫さんでした。何事も、「イエーイ」で済ませてしまうあの姿勢、あこがれます。
ベーシストの役割何するものぞ…ってプレイを展開しつつも、しっかりベースラインになってる。上に乗ってる連中を邪魔せずにいじる、ある意味、境地に達してますね。
2009/03/23(月) 02:22:01 | URL | #-[ 編集]
松様

>何事も、「イエーイ」で済ませてしまうあの姿勢・・・

何度か演奏を見させていただき、松様の仰る「イエーイ」で済ませてしまう感じというのもわかるような気がしました。
本当に楽しそうに演奏されているのが伝わってきて、こちらまで楽しくなっていたのを思い出します。

>日本一ルートを弾かない・・・

これについてはまったく知りませんでした。
機会があれば是非じっくりと、ベーススコアなどを見てみたいと思います。
どうもありがとうございました。

2009/04/19(日) 16:11:06 | URL | ナントハウス家主 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/765-dde00851
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。