ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090404_223404_ed.jpg

1週間程前に硬くなった部分を削り取ってみた右手中指ですが、なんだか経過は良さそうです。
この時は2日がかりで、かなり深くまで爪きりで削ってみたんです。
これで駄目なら、1度皮膚科に出かけてこようかと思っていたのですが、以前のように硬くひっかかる部分というのはすっかり無くなってきました。

自分で削って回復する程度だったようなので、魚の目まではいって無かったという事なんですかね。
いずれにしても良い方向に向かっているようでちょっと安心しました。



それから、突き指でしばらく練習が制限(ネックから下のポジションでの演奏)されていた左手薬指ですが、こちらも日常生活や通常の演奏などではまったく痛みは無くなりました。

まだ強制的に右手で指を反らせてみたり、強く曲げて力を加えたりすると痛みます。
だけど、少なくとも演奏に関してはまったく影響が無くなりました。



今週1週間は、練習量にかなり波がありました。
本日は2時間程練習出来ましたが、ほとんど練習出来ない日というのもあったんですよね。
結果的に1週間通しての練習量が落ちてしまった事も、体のコンディション回復には良かったのかもしれませんね。



新年度突入に合わせるかのように、体のコンディションもかなり良好になってきました。
後は、まさに思う存分練習するのみといった感じです。
まずは練習時間をしっかり確保する所からしっかりと取り組んでいきたいと思います。





ところで最近の練習では、テキストに載っているベースラインの楽譜を見ながら弾く機会が結構あります。
だけど、こうして5線譜の譜面を見ながら弾く事が、どうも苦手になってきている気がします。

メトロノームに合わせて弾いてみるのですが、音を読み間違えたり、咄嗟に音がわからなかったり等々、なんだか以前よりも楽譜が読めなくなっているような気がするんです。



ウッドベースを始めて最初の半年位は、ただひたすらに5線譜の音符とニラメッコで練習していました。
その後も、練習の中で5線譜を見ながら弾く割合が多い状態が続いていたんです。

だけど、コードを見ながら音を出せるようになってからは、5線譜を見ながら演奏する練習というのがめっきり減りました。
フレーズ練習などで5線譜を見ていても、あくまでも短いフレーズを見るだけで、ひたすら5線譜を見て弾くといった感じにはならないですもんね。

もちろん、たまには5線譜を見て弾く事はありますが、以前と比べてこうした機会が減った事によって、5線譜を見ながら演奏する能力というのも衰えてきているみたいです。



もともとたいして5線譜が読めていたわけでも無いのに、更に読めなくなってしまうのはちょっと困りものです。
5線譜を見ながらの練習で、実施したいと思っている事もいくつかあるので、もう少しこまめに取り入れていくべきですね。





やるべき課題は山積みです・・・








??????????お詫び??????????

スパムコメントを削除する際に、誤って松様からのコメントを1つ(一番新しいもの)削除してしまいました。
他意などはまったく無く、あくまでも私の操作ミスによるものです。
せっかくいただいていたアドバイスにも関わらず、本当に申し訳ありませんでした。
以降このような事が無いよう気をつけますので、今後とも宜しくお願いいたします。
コメント
この記事へのコメント
多分、自分も含めてウッドベース弾きの方々は
大なり小なり、体のトラブル/故障の度毎にそれぞれに合った奏法を体得して行くのでしょうね。
すんなり上手く成る人は少ないと思います。

人生行路に似ていますね(--;)
2009/04/05(日) 21:43:40 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
気にしないでくださいね
消えちゃったもんはしゃあないです。

確か、Recorda-meは「レコルダメ」と読むべきじゃないかって書き込みだったと記憶してます。
でも、友人のポーランド生まれでオーストラリア育ちのギタリストは、「リコーダミ」と発音してました。英語圏ではスペイン語読みはしないようですね。

でも、それはどうも気に入らないので、近々論破するつもりでいます。

「今弾いている音は何か」ってのを意識する練習を重ねれば、譜面を読むのは楽になりますよ。
「ボンボンボンボンボンボンボンボン…」じゃなく、「ファラドシシbレソソb…」みたいに、頭の中でor声に出して歌いながら練習するのです。

特にスケール練習の際、「今弾いてるのはEb Majorのスケールで、この音はBbだから5thだ」みたいなのを意識すると尚よいです。

むしろ、それを意識できるスピードで練習すべきだと、僕は思います。
2009/04/05(日) 23:03:06 | URL | 松 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/789-70c4dc7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。