ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090416_232628_ed.jpg

昨日今日と2時間ちょっとづつ練習する事が出来ました。
これ位づつ練習出来ていると、ちょっとした安心感のようなものがありますね。



ところで、右手人差し指の先にヒリヒリした痛みが出てきました。
マメまでは出来ていないようですが、今にもマメが出来そうな感じの痛みです。

相変わらず練習メニューには、オルタネイトピッキングのための練習を結構な割合で取り入れています。
指の力が逃げないようにする事でかなり進歩してきたように思うので、そのあたりを意識しながら練習していました。
その結果、以前と比べて指が指板に強く擦り付けられる感じになっているようです。

通常のシングルストロークの際に擦れている部分とも微妙にずれているので、鍛えられていなかった新しく擦れる部分が痛み出してきました。



週末にはスタジオセッションも控えているので、明日は少し指先をいたわりながら練習してみようと思っています。
せっかく順調に練習出来ているのでちょっと残念ですが、マメでも作ってしまってセッションに影響がでてしまってはマイナスですもんね。





ところで、こうして試行錯誤しながら練習しているオルタネイトピッキングですが、最近の課題は弦を移動しながらのフレーズです。
E線側からG線側に移動しながらの早いフレーズになった場合に、上手く弦をはじく事が出来ないんです。

↑にも、指の力が逃げないようにする事で進歩してきたように思うといった事を書きましたが、E線側からG線側に移動しながらの場合に、力を逃がさずに弦をはじく事が難しいです。
具体的には、最近練習しているフレーズだと、3連譜で3つの音を、A線→D線→G線と移動しながら弾く場合に、D線の音に大苦戦しています。
(E線からだと尚更厳しいですね)

弦を指ではじく方向と逆向きに手が動いていく事になるので、指の力をうまく弦に伝える事が出来なくなってしまうんです。
その結果、弦が指から離れずに音が出なかったり、抜けた小さな音になってしまったりといった感じになってしまいます。





なかなか上手く出来るようにならないのがもどかしいですね。
とはいえ、オルタネイトピッキング自体は確実に変わってきているので、積極的に練習しながらこの課題も早くクリアしてしまいたいです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/798-3af37b21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。