ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090429_000310_ed.jpg

メトロノームの電池が切れていたので購入しました。
ちょっと前から、液晶の表示が薄くなってきていたので、そろそろまずいなぁと思っていたんですよね。
早めに用意しておくべきだったのですが、電池を買ってくる前に電池切れになっちゃったんです。

新しい電池を入れると、はっきりくっきりの液晶表示が復活してくれました。
ちょっと気持ち良いですね。





本日は2時間ちょっと練習する事が出来ました。
本日はウォーミングアップがてらにラテンのリズムを軽く復習した後、ソルフェージュを10分程実施。
その後はひたすらyoutubeの音源に合わせて弾いて終わってしまいました。

やっぱりこうして、実際の演奏に合わせて弾く練習が一番楽しいんですよね。



ウッドベースを始めた当初は、練習に楽しい事や面白い事なんてほとんど(全く?!)ありませんでした。

まず最初は、左手の指が痛くて辛かったです。
更に弦を押さえるのにめちゃめちゃ力が必要で、とにかく肉体的に大変でした。

その上、せっかく体が辛いのに耐えて音を出しても、出てくる音はちっとも音楽的で無いんですよね。
なんとか音楽的な事がしたいと思い、←にも掲載している「はじめてのジャズ・ピアノ・トリオ」のベースラインを丸暗記して、付属CDに合わせて練習しました。
だけど、そこにたどりつくまででさえ、始めてから半年近くかかりました。



それが今ではコードさえあれば、それほど複雑でない限りコードを見ながら一緒に演奏する事が出来るようになりました。
練習に乗り気で無い時でも、実際に演奏している音源に合わせてベースを弾く事が出来ると、それだけで結構楽しくなれたりするんですよね。

楽しくなってくると、練習量も自然と増やす事が出来ます。
そう考えると、ウッドベースを始めた当初と比べて、気持ちの面でもかなり練習しやすい状況を作れてこれているのが嬉しいですね。




というわけで、本日は最初あまり練習に乗り気で無かったのですが、音源に合わせて弾いているうちにエンジンがかかってきて絶好調になりました。
いろいろと取り組まなくてはいけない事、新しく取り組もうと思っている事は多々ありますが、ついつい楽しい練習に流されちゃいますね。

バランスを崩し過ぎないようにと思いつつも、楽しい練習が増えてしまうのって、なんだか食事のメニューを考えるのに似ているなぁと思いました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/808-fa48a44e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。