ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090503_002902_ed.jpg

本日の練習時間は150分、これ位練習出来るとなんだか安心します。
昨日、今週の1日平均の練習時間が76分しかないといった事を書きましたが、本日の練習で1日平均88分まで挽回しました。

こうして、平均で90分を目安にするというのは良いかもしれないですね。
明日も仕事が入ってしまってはいますが、目安の平均90分を目指して頑張ります。





本日は普通に練習を行った後、ビートルズにちょっと手をつけてみました。
(手をつけたとはいっても、最後にちょっと弾いてみたという程度です。)

インターネットでビートルズのコードを検索し、音源に合わせて弾いてみたのですが、ちょっとした戸惑いがありました。



まず、コードが載っているサイトから、ビートルズの曲を検索しました。
ABC順に掲載されているリストの最初から曲を見ていく中で、最初の方に出てきたメロディも頭に入っているメジャーな曲がAll you need is loveでした。

いきなりコードを見ながら音源に合わせてみようとしたのですが、やはり歌詞の上にコードが書いてあるだけでは小節の切れ目がわからないため厳しいです。
そこで、歌詞をきちんと小節に分けてコードを割り振ろうと思ったのですが、ここでおかしな事に気がつきました。



All you need is loveって、7拍子ですか?!?!



しかも、曲の途中では4拍子になっている部分もあったりするようです。
楽器を自分で弾くようになるまでは、聴いている曲が何拍子かなんて気にする事がありませんでした。
いざ取り組んでみると、いろいろ出てくるものなんですね。

ちなみに初めて出会った(?)7拍子ですが、慣れないせいかリズムを感じながら演奏するのがぎこちなくなってしまいます。
だけど、こういう感覚って新鮮でいいですね。

近いうちにあらためてもうちょっとしっかり練習してみたいと思います。





ところで先程、忌野清志郎さんが無くなったというニュースを見ました。
1度復帰した後に再発したというニュースを聞いた時にも、「清志郎はきっと大丈夫!」と、心のどこかで自分に言い聞かせているような気持ちでいました。

それがこのような訃報を目にする結果となってしまい凄くショックです。

デビューの1970年は僕の生まれ年です。
「音楽」に興味を持ち始めた小6の頃に流れていたのがい・け・な・いルージュマジックでした。



謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/811-6d72f072
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。