ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090518_002048_ed.jpg

本日の練習時間/90分。
なんとか今週も1日平均90分のノルマをクリアする事が出来ました。

それにしても、思っていた以上に平均で90分を維持するのって大変です。
90分平均からショートした状態で週末を迎えてしまったことで、なんだかストレスを抱えた状態になってしまいました。

来週は出来るだけ貯金を作って週末を迎えたいですね。





スタジオセッションでご一緒させていただいている方から、新たに課題曲の連絡が入りました。
この曲、リード譜(Realbook)を見てみると曲調の欄はサンバとなっています。

さっそく教科書代わりに使っているジャズ・ベース・ランニング・ノートを見てみましたが、ラテンのリズム欄にサンバがありません。

仕方が無いので、ジャズ・ベース・ランニング・ノートのラテン関連のリズムページを一通りおさらいした上で、またしてもなんとなくで演奏してみる事にしました。



本来であれば、youtubeからサンプルの演奏をいくつかピックアップした上で実際に合わせていると思います。
ところが残念な事に、昨日愛用のノートPCが壊れてしまったため、今回はこの作戦が使えません。

というわけで、取り急ぎ本日はメトロノームに合わせながら、ラテン関連のリズムを弾いてみました。



ジャズ・ベース・ランニング・ノートでも、例題のベースラインにはしっかりとした構成のようなものが見えます。
せっかくメトロノームでひたすら合わせているので、今回はこうした構成をじっくりと考えながら弾いてみる事にしました。

構成を考えながらじっくり音を見ていく事で、あらためて見えてくる各フレーズの音使いというのがあったりしますね。
1度5度や5度1度といった音使いを使い分ける事で、違うコードであっても各小節の3拍4拍に共通の音を置くといったラインなどもお約束のようですが、こうした常套手段の音使いというのを少しづつ覚えていきたいです。



今はゆっくり考えながらでないと、こうした大きな流れの中での音使いを使う事が出来ません。
良い機会なので、覚えるだけでなく実際の演奏で使えるところまでしっかり練習したいですね。
次回セッションまではほとんど時間が無いのが心配ですが、出来る限り頑張って取り組んでみようと思います。
コメント
この記事へのコメント
YouTubeは確かに便利です。僕もずいぶん参考にしてます。
ただ、気に入った音源があったら、ぜひCDを買うことをおすすめします。

中学や高校の頃、なけなしの小遣いで買ったLPレコードを、溝が減るのを恐れてカセットにダビングして、テープが延びきるほど繰り返し聴きました。そうやってヘヴィローテーションで聴きこんだものは、今でも憶えてるし、たいした練習もしてないのに弾けたりします。

僕は、自分でお金を出して買ったCDには愛着がわきます。もったいないと思うので、いっぱい聴きます。
そうこうしてるうちに憶えちゃいます。常套句のラインを憶えたいのなら、なおさらおすすめします。

ATNってとこで出してる「ベース・バイブル」もおすすめですよ。いろんなジャンルのベースパターンを網羅して、サンプルのベースラインのさわりだけがひたすら出てる本です。
ただ、情報量が多すぎて、ある程度の知識なり経験なりがないと難しく感じるかもしれません。
同じくATNの「ザ・ラテン・ベース・ブック」は、ラテン、ブラジルの音楽におけるベースラインを深く研究してる本です。基本ラインから応用までを段階的に説明してくれてるので、金銭的に余裕があるならこちらのほうがいいかも。
どちらも模範演奏のCD付きです。

話がそれますが、CDの売り上げはミュージシャンの生活の上で重要な収入です。僕は気に入ったミュージシャンがいたら、CDを買うという形でその人の音楽活動を応援します。
それに、単に資料音源として、人からもらったCD-Rとかは、それっきり聴かなくなるケースが多いです。

「真剣に聴く」ためには、自腹を切るのが早道です。はずれを引いたときの怒りが、次に買うときのさらなる吟味を生みます。YouTubeは、どれを買うべきかの見本市としては極上です。

さらに言うなら、動画に付随の音源は音質がよくないです。僕はmp3はベースが聴きにくいので嫌いです。せめてCD、アナログ盤のほうがいいし、生演奏なら最高です。

我々(1970年生まれ)がティーンエイジャーだった頃に比べると、あらゆる情報は格段に簡単に手に入るようになってます。でも、その分、真剣味も薄れてる気がします。
気に入った音源を百回聴く、そういうことを見直す必要がある気がします。
2009/05/18(月) 02:04:19 | URL | 松 #-[ 編集]
サンバは南米音楽であってもラテンではないので、違いがあるかと思います。一緒にサンバ音楽やってるベースがいますがかなり苦戦してるようです。
プロでも中々できず諦める方もいるほどで、根性で楽しくぜひ頑張ってください!
2009/06/11(木) 17:22:07 | URL | M #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/823-1efeb168
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。