ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090521_235128_ed.jpg

昨日からどうも体調がすぐれません。
倦怠感とでも言うんでしょうか。
幸い熱は無いのでインフルエンザなどではなさそうですが、体調が良くないと練習でもやっぱり椅子が欲しくなりますね。

本日はBLOGを更新したら早めに休みたいと思います。





先週末に練習で使っていたノートPCが壊れてしまいましたが、やっぱりノートPCが無いと不便です。
練習で実際の演奏に合わせて弾こうと思った際に、やっぱりyoutubeが便利なんですよね。

CDを音源にしようとすると、1枚のCDの中で弾ける曲がかなり限られてしまいます。
青本等にコードが載っている曲であれば、初見でもチャレンジするのですが、ほとんどの場合はコード譜の無い曲の方が多いです。

その点、yotubeだと練習前にyotube内のお気に入りに適当な音源をまとめて登録出来るので圧倒的に効率が良いんですよね。
ノートPCをアンプにつないで、登録した音源に片っ端から合わせて弾いてみるというのがお約束の練習でした。

やっぱり不便なので、早急にノートPCを手配したいと思います。



ちょっと話はそれますが、↑に書いたアンプというのはベースアンプではなく、通常のオーディオのアンプです。
だけど考えた事は無かったのですが、ベースアンプにノートPCをつないでも、きっと音は鳴るんでしょうね。
なんとなく気になったのでいずれ試してみようと思います。





ところで、最近の練習ではなんだかA♭とD♭が頻繁に登場します。
この2つのコードって、なんだか苦手なんです。
E線のA♭とか、A線のD♭から、高い方の5度の音を押さえるのがどうしてもスムーズにいきません。

G線以外だと、どうしてもセカンドポジションよりも高いポジションに抵抗を感じてしまいます。
それでもサードポジション(A線のDとかD線のG)であればなんだか落ち着くのですが、そこから更に半音ずれているという中途半端な感じが、苦手意識を更にあおります。

その結果、2つ上の弦のハーフポジションで5度の音を押さえているのですが、このポジション移動がなんだかぎこちなくなってしまうんです。



スケール練習のように、順番にたどって押さえるのであれば気にならないのですが、ピンポイントでこの半音ずれた中途半端な音を押さえるのってやっぱり苦手ですね。



一時期、指板を広く使えるようになるために、指板の下(ヘッド側でなくボディ側)の方だけで伴奏をする練習をしていましたが、最近はすっかりこうした練習を行わなくなっていました。
やっぱりこうした苦手意識は大きなマイナスのようなので、指板を広く使うために練習を再開した方が良さそうですね。

早速明日から少しづつ取り組んでみようと思います。





本日の練習時間は2時間でした。
今週は日曜日があまり練習出来無そうなので、この調子で明日も貯金をつくれるよう頑張ります。
コメント
この記事へのコメント
A♭やD♭、G♭、更にC♭(B)などの解放弦が使えないスケールは苦手意識が立って敬遠しがちですが、
ライブ現場、特に歌屋さんでは意外と高い頻度で遭遇します。
毎日のルーティーンに組み入れて、慣れ親しむようにしていきましょう。
サークル・オブ・フォースで全てのkey(少なくともメジャーkey)の各種スケールをさらうようにします。ポジション取りもなるべく解放弦を使わない、や色々変えて工夫しましょう。(オクターブ~2オクターブ~3オクターブ!?)
Bb→Ab→Db→Gb→Cb(B)→E→A→D→G→C→F
→Bbm~
解放弦のE、A、D、Gでは同一弦で解放~オクターブ(サムポジが行ければ2オクターブ)も
メジャーとマイナー、更にクロマチックでも練習して行きまひょ。

2009/05/23(土) 10:44:26 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/826-b64aaf33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。