ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090531_233930_ed.jpg

本日の練習時間/220分。

1日平均90分×7日間=630分のノルマに対して、今週の合計練習時間は635分となりました。
なんとか今週もノルマ達成です。

だけどやっぱり、練習時間のマイナスを抱えたまま週末に突入すると、ストレスが大きいですね。
毎週のように書いているような気もしますが、来週こそしっかり貯金を作って週末を迎えたいと思います。





本日の練習では、久しぶりに2小節同じコードが続く際のフレーズ練習を行いました。

長いことこうしたフレーズ練習を行っていませんでした。
だけど、やはり同じコードの連続に対してはもっともっと引き出しが欲しいと思っていたんです。

そんな中で、昨日のセッションでは初めてOn green dolphin streetを演奏したのですが、E♭の連続がかなり辛く感じたんです。



たしか、ちょうど1年位前に、こうしたフレーズ練習を集中的に行っていました。
同じコードが2小節連続する際のフレーズも、確か4パターン位を12キー全てで繰り返し弾いていたと思います。

だけど最近は、長い事練習していなかった事もあり、実際のセッションで使えていたのは2つのフレーズだけでした。
まあ、こんな状態では同じコードの連続で苦戦するのも当然ですよね。



というわけで本日は、取り急ぎE♭E♭のフレーズを6パターン程繰り返し練習してみました。
本日1日だけでは当然使い物にならなそうなので、体に染み込むまではもうしばらく続けなくてはいけませんね。

3度や7度の音が、メジャーかマイナーかという事でフレーズを弾き分けられるようになるのにも、まだまだ時間がかかりそうです。





ちなみにOn green dolphin streetでは、5小節目から7小節目にかけての、半音づつ下がったコード進行というのもなんだか弾き辛く感じました。
良い機会なので、このあたりの処理についても少し練習してみたいと思います。
コメント
この記事へのコメント
緑色のイルカ通り
冒頭の八小節はベースは同じ音の続く『ペダルポイント』がスタンダードです。
トニックペダル(E♭)が多いですが、
ドミナントペダル(B♭)もよくやります。
ここら辺りは他のメンバー(主にピアノやギター)と相談・打合せがよろしいかと。
因みに、ペダルポイントの場合はラテン(Afroキューバン)フィールがデフォルトです。

アドリブが進んでスイングに成った際
E♭の次E♭マイナーが来ますが、G♭メジャーとするのも常套手段です。
(G♭onE♭=E♭マイナー7th)
そうすると、G♭~F-E-E♭となり、メジャーコードで半音で下降する事に。
冒頭のE♭もイタズラしてGを持って来る(Gマイナー7th又はE♭onG)と、全て半音進行に出来ますね
2009/06/02(火) 11:21:12 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/832-6437aa72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。