ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090602_233842_ed.jpg

本日の練習時間/120分。
昨日にひき続き順調です。

練習は順調ではあるのですが、やっぱり指先が結構痛いです。
先週は平日の練習不足があった事もあって、週末にまとめて練習したのがきいているようです。
更に、土曜日に爪を切ったりしてしまったので、爪の切り際もなんだか痛くなってます。

ニベアで滑りを良くしてなるべく負担を減らしながら、悪化させずに上手く乗り切りたいですね。





ところで、ウッドベースを始めて1年目から使っているはじめてのジャズ・ピアノ・トリオと、ジャズ・ベース・ランニング・ノートの2冊が、ここ最近のメインの練習教材となっています。

どちらも1年目には使いまくっていたのが、昨年はあまり使わなくなっていました。
(特にはじめてのジャズ・ピアノ・トリオは昨年ほとんど使いませんでした。)



ウッドベースを始めた当初は、とにかくジャズっぽい音が出せる楽譜が欲しいと思っていたんです。
ところが、本当の初心者でも弾けるようなスコアって案外売ってないんですよね。

そんな状況で見つけたのがこの2冊です。

どちらも比較的シンプルな音使いです。
おかげで、ウッドベースを始めて数ヶ月の超初心者時代でも、ある程度弾けて、ジャズっぽい音が出るのが嬉しかったんです。



最近は使われている音やリズムが興味深くてまた活用しているのですが、3年間もこうして使えているというのはなんともありがたい限りです。

タイトルに書いた林正男さんと野村恒夫さんというのは、それぞれの本のベース担当と著者です。
3年間もお世話になっているので、僕にとってはある意味2人とも先生ですね。



というわけで、インターネットでこの2人について調べてみたところ、はじめてのジャズ・ピアノ・トリオの林正男さんについては、すぐにHPが見つかりました。

林正男さんのHP⇒

ところが、ジャズ・ベース・ランニング・ノートの野村恒夫さんについては、全く情報が見つかりません。
検索結果にはいろいろなページが出てくるのですが、全てジャズ・ベース・ランニング・ノートに関するページばかりです。

一般の書店などにも並ぶ本を書いてしまう位なので、結構すごい人なのではないかと思うのですが、いったい野村恒夫さんというのはどんな人なんでしょう??





連日お世話になっている人達なので、機会があればライブにも行ってみたいですね。
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。

私的見解ですが、ジャズ・ベース・ランニング・ノートは教則本としては使われないほうがよいかと思われます。

2009/06/30(火) 01:42:54 | URL | べーすしすと #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/834-3ada7d67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。