ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090626_003311_ed.jpg

本日の練習時間/150分。

前半戦の練習ノルマの遅れをだいぶ取り戻す事が出来ました。
出来れば明日で貯金を作って週末に突入したいですね。





好きな音楽のジャンルが何かというと、かなり雑食だと思います。
最近はジャズを聴いている事が一番多いですが、ジャズを好んで聴くようになったのって30歳を過ぎてからなんですよね。

これまで良く聴いていた音楽のジャンルをざっと振り返ってみると、



小学校→アイドル関係を中心とした邦楽のヒット曲。(俊ちゃん、マッチ、聖子ちゃんといった感じは、同世代の方にはかなりご理解いただけるのではないでしょうか。)

中学校→マイケルジャクソン、マドンナ、カルチャークラブ等、洋楽のヒット曲を聴き始める。(まさにベストヒットUSA全盛です!)

高校→ビリージョエル、シカゴetc・・・(昨日の日記にも書いたギルバートオサリバンなども当時知って聴きまくりました。)

大学?20代前半→ボンジョヴィ、メタリカ、アイアンメイデンetc・・・(ハードな方向に嗜好が向いてました。)

20代後半→レゲエにどっぷり(特定のアーチストというよりは、BGM的に手当たり次第といった感じで、渋谷のレゲエのバーにもこの時期足しげく通って飲んだくれてました。)

30代前半→ジャズやクラッシック等、これまで聴かなかったジャンルにも手を伸ばす(10代の頃聴いていたアーチストなども改めて聴く機会が増えました。)



↑とは別に邦楽については、時期を問わずそれなりに聴いていると思います。

といった感じがこれまでの僕が聴いていた主な音楽の志向です。
今でも機会は減りましたが、レゲエやメタル系のハードなジャンルも結構好きですね。
逆に、演歌とヒップホップはほとんど(全く?)聴かないです。

また、タイミングによって聴きたい曲のジャンルが変わったりします。
平日の朝はクラッシックが良かったり、休日の遅い朝はボサノバが良かったりなどは最近のお約束だったりしますね。



クラッシックというと、高校生の頃にブラバンの女の子とちょっとだけ付き合った時の事を思い出しますね。
当時は彼女の影響で、必死にクラッシックを聴いてみたのですが、高校生の僕には全く良さが解らずに終わってしまいました。
(アルバム1枚聴きとおすのが苦痛でした・・・)





ウッドベースを弾くようになって、ベースソロで苦しんだり、自分でメロディを考えてみたりといった事をするようになりましたが、これまでにこうして聴いてきた音楽というのがきっといろいろな所で影響していたりするんでしょうね。
そういう意味では、ジャズ暦は本当に短くて浅いので、ジャズのベースソロで苦戦するのも当然かもしれないです。





ちなみに今のBGMはアンドレプレビントリオのキングサイズというアルバムです。
ベースはレッドミッチェルですが、この演奏かなり素敵です。
コメント
この記事へのコメント
プレヴィン
アンドレプレヴィンは指揮者・作曲家として著名なあの方ですね。素敵なピアノを弾きますが、彼はジャズはあくまで趣味で、本業はクラシックだそうです。
一度共演させていただく機会がありました(オーケストラでですが)が、素晴らしかったです。

僕はむしろ、プレヴィンがジャズも弾けることに驚いたクチです。アメリカの音楽の懐の深さを感じますね。

「聴いてきた音楽が影響する」ってのは、大いに賛成です。知らない言葉は喋れないですもんね。でも、好きで聴いていたものを改めて聴いてみると、また新たな発見がありますよ。
音楽を勉強すると、聴き方も変わってきます。いい方向ばかりには行かないのがアレですが…
2009/06/26(金) 02:27:14 | URL | 松 #-[ 編集]
同じく、アンドレ・プレビン氏がJazzトリオ?と思ったデス。
趣味?とはいいながらキッチリアルバムを残しているのも御愛嬌デスか(^^;)
ベースのレッドミッチェル氏は
Jazz界以外でも稀有なチェロチューニング(チェロのオクターブ下/下からCGDA)の五度チューニングを早くからなさっていた名手デス。
コントラC音を楽器改造無しで実現するためアイデアだったようです。
クラシックでも静かにプチ流行っているようですが、どちからと言うとコントラチェロ?のような運用ですかね(^^;)
スピロコア弦にはレッドミッチェルセットと言う専用弦があったようです。
縦方向のポジション移動が増えるのでシフティング等一から練習をやり直し~
レッドミッチェル氏も変更初期の頃は大変だったそうです。

エレベで一本だけチェロチューニングにして居ますが、スケールの短いエレベでこそ活用出来る気がします。
2009/06/26(金) 08:39:16 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
レッド・ミッチェルのインタビュー
家主さん、お久しぶりです。

http://www.joelquarrington.com/index.php?option=com_content&task=view&id=45&Itemid=27

これに、プレヴィンのオケで初めてレッドが5度チューニングをした時の事が書かれています。
2009/06/27(土) 16:50:41 | URL | めーさん #dOMTQBjw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/850-05422e47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。