ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090803_005343_ed.jpg

先日のスタジオセッションで演奏しました。
セッションでこの曲を演奏したのは始めてです。



この曲、ウッドベースを始めて4ヶ月か5ヶ月位の頃にひたすら練習してました。
練習といっても、はじめてのジャズ・ピアノ・トリオに載っていたベースラインを丸暗記してひたすら弾いていたんです。

ウッドベースを始めて1年目に参加させていただいたセッションの際に、ホストでいらしていたプロのギタリストさんから、「普段はどんな曲を練習してるの?」と訊かれた事があります。
僕は確か、「Bag's grooveと枯葉とドルフィンダンスです」と答えました。

すると、「ドルフィンダンス?!」と苦笑いされてしまった事をなんとなく覚えてます。
この曲って、決して初心者向けでは無いんですよね?



先日、ついにセッションで始めて弾いてみた(練習を含めても超久しぶり)のですが、昔繰り返し練習したおかげで曲のイメージとかノリがなんとなくわかっているのは大きいですね。

先日のセッションでも全くの初見が何曲がありました。
そうした完全に初めての曲と比べて、Dolphin Dance自体は難しい曲なんでしょうけど曲の流れをつかめている分弾きやすく感じました。



ところでこの曲、演奏中に凄く悩んだ部分がありました。

この曲って同じようなコードが続く部分が中盤と終盤に出てきますよね。
17小節目からのGと最後のEとE♭の分数コードの部分です。

この部分の処理をどうするかというのがすごく疑問に感じたんです。



普通に4つ刻んでウォーキングしてみると、なんだか違和感を感じる時があります。
はじめてのジャズ・ピアノ・トリオでも、この部分はルート音だけで処理されていたりしてました。

かといって、この部分がまわってくる度に、毎回4ビートのウォーキング以外の処理にしてしまって良いものかどうかというのを演奏しながら凄く悩んだんですよね。



その場で質問してみようかとも思ったのですが、まずはいろいろと音源を聴いてみようと思い、そのまま帰ってきました。
早速昨日からいくつか音源を捜して聴いてみたのですが、なんだかよくわからないですね・・・

聴いてみた音源では、確かにこの2箇所に関して、他の箇所となんとなく演奏を変えているように聞こえます。
だけど、聴いてみた音源のベーシストさん達は、他の部分もシンプルに4つ刻むという事をしていなかったので、結局違いがよくわからなかったんです。



この曲自体は、1年目からいい曲だなぁと思っていたので、まああせらず更にいろいろ聴いてみながら考えてみたいと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/875-bd482ffd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。