ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090805_132933_ed.jpg

最近は練習時間を書いていませんでしたね・・・
先週は後半追い上げ、無事に1日平均90分の練習ノルマを達成しています。

今週は、昨日が90分、一昨日は75分でした。
若干遅れ気味ですが、今週もしっかり達成したいと思います。





(↓今日は長いです・・・)

練習では、youtubeなどから適当に音源をピックアップして伴奏してみるといった事を頻繁に行っています。
先日、自宅でオールディーズ系のセッションを行ってからは、こうした適当な音源に合わせる際に、JAZZだけでなくビートルズなども数曲混ぜるようにしています。

そんなわけで、昨日はビートルズのYesterdayのバンドスコアから、ベースパートをノートに写して弾いてみました。



5線譜ノートにベースラインを写す際に気がついたのですが、この曲では低い低いCの音が出てきています。
これって、時折耳にする事があった、ベートーベンの曲で出てくるコントラCって音ですよね。

僕が弾いているウッドベースは普通の4弦のオーケストラチューニングなので、当然この音は出ません。
というわけで、前の小節から音をオクターブ上げて弾いてみています。

だけど、いざ弾いてみると、やっぱり低いCの音も欲しくなってきちゃいますね。



以前から、こうしたコントラCの音を出すために、弦を長くするマシンを取り付けたりとか、5弦のベースにするといった話は耳にしていました。
だけど、僕は普通の4弦でも十二分に苦しんでいるので、こうした話は割と他人事(?)のような感じで聞いていました。
今でもこの領域(コントラCの音を手に入れる)に手を出すといった事は毛頭考えていません。

だけど、実際にこうしてコントラCの音が始めて目の前に現れたので、いくつか疑問に思った事を調べてみました。



まず5弦のチューニングって、頻繁に耳にしますがいったいどういったチューニングなのかといった疑問です。
これについてはインターネットで調べてすぐに答えが出てきました。
一言で5弦チューニングといっても、いろいろあるんですね。

どうやら僕が調べた中では、基本的な5弦のチューニングは以下の2通りのようです。

高い方から、
GDAEC
もしくは、
GDAEH

他の弦と同じで、4度違いになってくれているのであればともかく、低い弦だけCにするってなんだか弾きにくそうですね・・・
それと、4度の調弦にした際の弦がHって・・・

これについては、そういえば以前に読んだテキストに解説してありました。
うる覚えだったので、改めてその部分を本日読みかえしておきました。

要はドイツ語圏だと、BではなくHと表記するって事ですよね。

理由も書いてあったのですが、その理由がまったくもって困ったものです。
僕が読んだテキストに書いてあった理由は、昔の修道士さんが楽譜を書き写す際に、bという文字を手が滑ってhと書いた為とのことです。

僕自身めちゃめちゃ字が汚いので、この間違いについてはめちゃめちゃ共感(?)出来ます。
bとhが、書いた後にどっちかわからなくなるなんて、僕も普通に同じ間違いを犯しそうです。

だけど、そんな理由で後世の人達(○○億人??。っていうか、今後もだから∞かも・・・)が苦しむ事になるなんて、なんとも理不尽に感じるのは僕だけでないですよね。



更に僕が読んだテキストには、「ドイツの記譜法におけるB音は、英語表記のB♭音に相当する」といった事も書いてありました?!

ビールもソーセージもザワークラフトも、み?んな大好きですけど、ドイツ人の音楽の感覚はまったくもってわからないです・・・




更に更に、H弦が出てきて思い出したのですが、スピロコアのBASS弦などにある、ソロチューニング用のFis弦とかCis弦とかって、あれはいったい何物なんでしょう??
今まで、これについても頭の片隅に?マークは浮かんでましたが、何かを考えようとした事がありませんでした。



こうしたチューニングに関する疑問の他に、今回新たな疑問も出てきました。
↑の写真の下2段がベースパートの5線譜とタブ譜です。(当然5線譜はへ音記号です)

僕は相変わらずTAB譜を見ない(というか使いこなせない)ので、こちらもほとんど気にしていませんでした。
ただ、コントラCの音ってどうしてるんだろうと思い、なんとなく見てみたんですけど、なんだか数字が○で囲ってあります。

普通のTAB譜であれば、時間はかかりますけど1音づつ音が何かとかどのポジションの音かといった事を探す事は出来ます。
だけど、この○がついた数字って、いったい何を指してるんでしょう??





コントラCの話題にちょっと触れただけで、こんなにたくさんの疑問点や理不尽(?)な問題が溢れてくるって、やっぱり触れてはいけない領域のようです。
音として出せたら、かっこよかったり、気持ちよかったりしそうですけど、何かと大変ですね・・・
コメント
この記事へのコメント
表記音と実音
件のC音ですが、実音表記だと思われます。
コントラバスやエレキベース、更にはギター(アコースティック、エレキ共)は
実は表記上は一オクターブ高く表記されています。
通常表記されている音より
『実音はオクターブ下』に成ります。
ピアノのセンター(ト音とヘ音の真ん中)のC音はコントラバスでは親指ポジションのC音、エレキベースでは17フレットの高音になります

ポール・マッカートニー氏はビートルズの初期~独立してウィングの頃に至るまで通常の四弦のエレキベースしかプレーしていません。
楽器はビートルズ初期~後期のカールヘフナーのバイオリンベースから
ビートルズ後期~はリッケンバッカー#4001に変わっていますが・・・
ナノでコピーした人はキーボードないしピアニストと思われ、実音表記したモノと思われます。
コントラバスやエレベではコントラCではなくA弦(3弦3フレット)のC音が妥当かつ本来の音でしょう。
2009/08/05(水) 23:18:18 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
クラシックのコントラバスでソロを演奏する際、音色の煌びやかさを出すために全ての弦を一音上げでチューニングします。その調弦に合うよう調整された弦が、所謂ソロ弦です。
なので、通常のE線がFis(F#)線になります。Cis弦てのは知らないです。

このソロ弦を通常の調弦(オーケストラチューニング)、つまり全音下げで張って、テンションを緩くすることで左手への負担を軽くしてるプレイヤーもいるようです。

あと、修道士うんぬんは俗説です。一応はちゃんとした理由があります。

現代の我々には理不尽でも、出てきた当時は至極当たり前だったようなことは数多いです。

日本語で"は”と書いて、"ha"と読んだり"wa"と読んだりするのもたいがい理不尽だと思います。でも、それはそういうものとして納得するのが一番の早道です。

音楽という言語を表記するのに、それぞれの文化、時代背景に則って適切と思われるものが選択されてきた、そう捉えるしかないと思います。なれちゃえば、なんてことないですよ。
2009/08/06(木) 02:33:46 | URL | まつ #-[ 編集]
チェロ・チューニング/レッド・ミッチェル・チューニング
コントラバスでは件のコントラC音を得る方法の一つに
チェロ(オクターブ下)チューニングが以前から密かに為されています。
コレは楽器の改造をほとんど伴わずに音域の拡大を計るのが根底に有ります。(高価な楽器に××するのも嫌だし)
また、クラシックではチェロパートとのボーイング他の整合性を取りたい云々もあるようですが・・・

ンで、チェロは下からCGDAの五度チューニングですが、コレをコントラバスでやる(オクターブ下)と言うモノ。
ジャズ界ではレッドミッチェル氏が早くから導入されていました。
スピロコアにはコレに対応した弦セットが『レッドミッチェルチューニング』とかなんとかで有る(現在不明)やに・・・
現実的にはソロ弦や通常弦などのバラ弦を組み合わせる事になります。(割高に・・・)
>憧れの最低音の『コントラC』は五弦用のH(C)弦
G音はソロ弦Fis(F#)を半音上げ(ライトテンションが有ればベター)
D音は標準D弦をそのまま
A音はソロ弦のA弦をそのまま。
・・・結局はG音(第三弦)を工夫すれば(コントラ)チェロチューニングが可能です。
糸道の調整も必要。
標準のチューニングでさえポジション移動の煩雑なコントラバスですが、五度チューニングとなると・・・・

2009/08/06(木) 07:46:35 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
数字が○で囲ってあるのは2分音符だからです。

2分音符は真ん中に穴が開いていて、ドーナツのような表記をしますよね?
TAB譜の数字もそれに合わせているのです。

単純にオタマジャクシ(音符)の頭部分に数字を当てはめたものがTAB譜と考えてください。

2009/08/06(木) 19:49:22 | URL | 5boro #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/01/27(水) 17:49:41 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/877-bfae9ac0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。