ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090729_185654.jpg

昨日からどうも左手の人差し指の先が痛いです。
ヒリヒリとしたマメが出来そうな痛みではなく、ジンジンした感じの打撲のような痛みです。

最近、ポジション移動の多いベースラインを立て続けに練習していたのが原因みたいですね。

ちなみに今週の練習時間は、月曜日から木曜日まで毎日きっちり90分でした。
週末、実家に帰省するかもしれないので、少しでも貯金を作っておきたかったんですけどね・・・





ところで、以前にこのBLOGで書いてみた代々木公園での楽器演奏の件、仕事がお盆休みに突入した事もあり改めて調べてみました。

7月29日の日記⇒

代々木公園事務局へ直接電話で問い合わせをしてみたのですが、最初に言われたのは、「今は看板(↑写真や7月29日日記の写真)よりも厳しくなってます。」との事でした。
写真の看板は東京都が建てたものらしいのですが、その後警察から直接代々木公園に対して指導が入った事などもあり、規制が強化されているとの事です。

近隣住民などから警察に苦情が入った際、代々木公園は民有地扱いになっているため、警察が直接公園の中に入って演奏している人に注意をするいった事が基本的には出来ないらしいんです。
そのため警察から代々木公園の事務所に対して、規制を強化するようにとの指導があるとの事でした。



いずれにしても肝心なのは規制の内容や基準なのですが、取り締まりの対象になる項目というのは↓の2点です。



1- 大音量

2- 人を寄せる行為



1番目については基準がやや微妙ですが、応対してくださった事務局の方の表現では「太鼓やトランペットは音が大きいからちょっと駄目ですね・・・」といった感じでした。

というわけで、アコースティックギターなどでアンプを使わずに演奏したり歌ったりする分には、人さえ集まってこなければ問題無いとのことです。
数人が集まって一緒に楽器の練習をするといった場合にも、大音量でなく、まわりに人が集まってくるような状況でなければ、こちらも問題無いとの事でした。

ただし本人は練習のつもりであっても、結果的に自然発生的に人が集まってくるような状況になった場合には規制の対象となるそうです。
これについては、特に楽器の演奏に特化した事では無いため、楽器を使わないコーラスだけのグループや、1人きりのアカペラ歌唱だったとしても、人が集まってきた場合には同様に規制の対象になるとの事でした。



ちなみにこうした判断は、代々木公園事務局の人と、巡回している警備員さんが行うとの事です。
お伺いした事務局の方は、「出来ればこうした取り締まりはしたくないんですけどね・・・」と仰ってました。





少し前のTV番組で、コブクロがアマチュア時代に行っていたストリートライブの話が出ていました。
実際に演奏していた場所の写真なども用意されていて、結構いろいろな話が出ていたのですが、やっぱりストリートライブのように気軽に演奏出来て気軽に演奏を聴ける環境って素敵だなと思います。

近隣住民の方の問題もあると思うので無責任な感想なのかもしれませんが、東京でもなんとかもう少しストリートライブが身近にある環境には出来ないものなんですかね・・・



代々木公園の規制基準も、1つめの大音量の問題は無理として、2つ目の人を寄せる行為についてはどうにでも出来そうな気がしますよね。
エリアと時間を絞って、アンプラグドでドラムやホーン等はNGといった事にすれば、充分共存出来そうに思うんですけど、やっぱり難しいのかなぁ・・・





最後になりますが、今回ご対応下さった代々木公園事務局のご担当者様、ご多忙中にも関わらず本当に親切にご対応いただきましてどうもありがとうございました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/883-564235a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。