ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090815_112752_ed.jpg

ベーシストの情報って、フロントマンと比べると極端に少ないですよね。

今も、部屋で流していたGEORGES ARVANITAS /Bird of Paradiseというアルバムで演奏しているJACKY SAMSONさんってどんな人なんだろうと思ってインターネットで調べていました。
だけど、ほとんど情報が出てきません。

フロントマンの情報って、演奏の感想なども含めてたくさんのHPで出てきます。
だけどベーシストって、検索結果からHPを見てみても、


○○○○(p)
△△△△(b)
◇◇◇◇(d)


みたいな感じで、名前が載っているだけというページぱかりなんですよね。

せめてyoutubeで映像でもと思いましたが、こちらもジャケ写が出てくるだけで映像らしきものが見当たりません。



セッションでも基本的には曲の選択権が無いですし、僕が言うのもなんですが、ベーシストさんってなんだかちょっと可愛そうです・・・





最近の練習で取り組んでいたMy funny valentineですが、「はじめてのジャズ・ベース」掲載の楽譜を見ながらなんとか弾けるようになったベースラインをひたすら繰り返して弾いています。
おかげで、コードを見ながら他の音源に合わせて演奏する時にも、ところどころで使われていたフレーズが自然と出てくるようになってきました。



最近感じていたのですが、曲に関係なくフレーズだけを覚えようとして練習したものって、実際の演奏ではなかなか使えないというか、咄嗟に出てこない事が多いです。

さまざまなテキストに、このコード進行ではこうしたフレーズといった感じで、ベースラインのサンプル的な物が掲載されていたりします。
こうしたフレーズを、メトロノームに合わせてひたすら練習しているだけだと、実際に曲の中で同じコード進行が出てきた時にも、練習したフレーズは頭に浮かんでこないんです。

だけど今回のMy funny valentineのように、1つの曲としてひたすら練習したフレーズだと、他の音源に合わせて弾きながらでも、覚えたフレーズが結構自然に出てくるんですよね。
使われていたフレーズが、何小節目のコードからかとか、どのコード進行の部分かといった事はちっとも覚えていなくても、曲の流れの中で「あっ!ここであのフレーズだ!!」というのが浮かんでくるから不思議です。



こうして自然にフレーズが出てくるようになるのが大事なんでしょうね。
というか、こうして自然に出てくるフレーズや曲を少しづつ増やしていきたいです。





ところで、本日はこのあとノルマの90分だけ練習したら、急いで実家へ帰省する予定です。
妹家族が来ているらしいので、取り急ぎ一晩だけでもといった感じです。

予定よりかなり時間が遅くなっているので急がなくては・・・
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/884-aa9f238b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。